HOME/アセンション

 

Q&A’16g1・「ガイア・アセンション」シリーズ

【目次】

(16/08.14) ペルー・アンデスで続く現実創造

 


(16/08.14)
ペルー・アンデスで続く現実創造

(Q) 小松様

いつも貴重なメッセージをありがとうございます。

 

この3ヶ月間、忙しい日々を過ごしていました。忙しいと言うより、大変充実したという表現が正しいかもしれません。

想った事、望むことが現実化するまでの時間が驚くほど短くなって来ていますが、それに伴い私の活動も倍増していたのです。

 

去年私がガイドを担当した日本人観光グループに参加されていたリタイヤーの方で、ボランティアに我が家に3ヶ月来ていらしたシロちゃんも、共同生活をする間に起こることの数々に影響を受け、多くの人生の学びをもらいましたと帰り際に感謝されましたが、何よりも嬉しかったのは、『アセンションの時代』の本を読み出したら止められなくなってしまったので、次回まで貸して欲しいと持っていかれたことでした。

4ヵ月後には又オンゴイに戻る予定です。

 

又、先月から個人的にオンゴイの教会の内装がとても気になり出して、本祭壇には苦しみに人々の心を釘付けてしまう十字架に貼り付けられた白いキリストではなく、喜びにあふれたアセンションするブラウンのキリストの絵が欲しい、と強く思うようになり、それに加えて椅子やベンチの塗り替えも手がけたくなり、土地の絵描きさんとも相談したり行動し始めたところ、何と末娘のNOMIが、以前新聞にパウチーのイラストを描いたことで知り合いになった壁画家が、オンゴイに一緒に行って何か描きたがっていると、連絡してきました。

自分で来て、ペイントも持参、完全にボランティアで、ということです。 我が家に寝泊り、食事が出来ればOK、とのことでした。

 

早速彼に私のコンセプトを語り、実現できることになりました。

二人の若い画家達が6X8メートルの壁の中央に大きな「アセンションしているキリスト像」を描いている間、ボランティアのシロちゃんにヤスリがけを頼み、私は信者が座るベンチや神父用の椅子を、金と赤で華やかに塗り上げました。FB(Face Book)ご覧ください。

 

全体が調和された明るい空間になってきました。

その作業の他に皆の3食の食事の支度も私の大事な仕事でしたので(犬3匹、猫2匹分の手作りフードも)、自分でもびっくりするほど働きましたが、歓喜と感謝に満たされての毎日は不思議なくらいにエネルギッシュに過ごすことができました。

台所の片付けや家の掃除などを担当してもらえるシロちゃんがいたことも、大きな力となりました。

 

実感として、神と共に共同作業を続けている、そんな毎日です。この実感を常に保ち続けたいと思っています。

今日から又二人だけの生活にしばらく戻りますが、もう後戻りは出来ないと思います。

いつも、神と一体でいられることは、一見一人で作業していても、内面の体験は全く違います。お金が無くても、望みは直接かなえる事が 出来るのですね。

まずお金を調達してから事を始める、のではなくて、考えと想い、発言と行動を一致させて事を始めることによって宇宙がすばやく動くのです。

 

まだ多少悩んだりされてる方も多いようですが、落胆せずに目標をしっかり定めて、最後のこの時期を共に力強く生きていきましょう!

 

(A) 拝見しました。

興味深い新展開レポートをありがとうございます。

いつも、神と一体でいられることは、一見一人で作業していても、内面の体験は全く違います」、「まずお金を調達してから事を始める、のではなくて、考えと想い、発言と行動を一致させて事を始めることによって宇宙がすばやく動くのです」――実体験に基づく「金言」だと思います。

 

【関連】

ペルーのアンデスで現実創造

 

[このページのトップへ戻る]
[ホーム

Copyright© 2016 Eisei KOMATSU