無力感を克服し本来の力を取戻すために・(アセンション時局’15

[201563]

 

 

【目次】

エル・モーヤのメッセージ

【解説】

 

いま、この世界の現状を見て危機感を抱きつつも、自分の無力感にさいなまれる方は少なくないでしょう。

それに対して、

 

――無力感は一種のエネルギーで、あらゆる領域であなたを邪魔立てし、あなたの能力を奪うことになります。

自分がどれだけ強力な存在なのかを自覚すること!――これほど大切なことは他にありません。

 

――非常に多くの人類が今だに、自分たちは十分に保護されてなくて前途に希望が持てず、そして何よりも、この時代の出来事に無力なまま翻弄されていると考えています。

これは、これ以上のものはない誤った考えです。

 

などと教えてくれるエル・モーヤの教えは「これ以上のものはない」時宜を得たメッセージではないでしょうか。

このメッセージでは、そのような無力感を人類が「獲得」するに至った経緯を、根源にわたって明快に説明してくれています。

それらの多くが、「ハッとさせられるような気づき」を与えてくれるでしょう。

例えばこれです。

 

――何故かと言えば、心根の優しい人は、人間がどれだけの悪事を働くことができるか、この世界にどれだけのヤミの支配構造が意図的に創られてきたかなどを、ほとんど想像することが出来ないからです。

 

このメッセージを降ろしてくれたエル・モーヤEl Morya)は、アセンションしたマスターの一人ですが、その人となりや本質を識るには、(他のすべての高次元情報でも同じことですが)ネット世界に踏み込んで時間を浪費し混迷を深めるよりは、冒頭にある「ご本人」の自己紹介やメッセージの内容そのものによって判断することをお勧めします。

高次元情報そのものも、ヤミ勢力による人類支配の一環として、常に捏造や根拠のない攻撃に曝されていることに留意しましょう。

 


エル・モーヤのメッセージ

 

あなた方のなかに私はいます!

 

エル・モーヤです。

私は光からの使者で、人類を目覚めに導く開明した意識の持ち主、そして明晰・勇気・真実を表象する青い光線を担当しています。

この光線の下で「いのち」は、どんな欺瞞とも無縁の完全な豊かさを明かします。

 

多年にわたって私は皆さんの中にいて、あなた方が今日そうであるように使命を与えられ、そのために必要な「天の用具」の全てを装着されてきました。

 

私はまた、人間の営みについてのエキスパートを自認しており、今あなた方が直面している運命や問題の数々を知っています。

つまり、この現実に直面する意味、そして地球上で奉仕することの意味を知っています。

また、「愛の欠如」の影響下に置かれることが、どんなものかも分かっています。

しかし同時に、この状態を克服し愛を体験する方法を知っています。

 

そこでいま私は、その方向へ皆さんを導いてあげたいと思っているのです。

それによって皆さんが私の道に、つまりアセンションしたマスターたちの足跡にならい、ご覧のようなこの世界の現状を克服して、自らを「神」へ変容させることができるように。――皆さん全員の本来の姿がそうなのです!

 

あなたの無力感を克服すること!

 

無力感は一種のエネルギーで、あらゆる領域であなたを邪魔立てし、あなたの能力を奪うことになります。

自分がどれだけ強力な存在なのかを自覚すること!――これほど大切なことは他にありません。

あなたが本来持っている知識により、あなたが話す言葉により、あなたの天性の振る舞いにより、あなたは強力なのです。

 

宇宙のあらゆる領域に遍在する神のエネルギーは、あなたから出てきていることを自覚してください。

したがってあなたは、どんな状況でも変えることができ、そんな状況でも創ることが出来ます。

 

非常に多くの人類が今だに、自分たちは十分に保護されてなくて前途に希望が持てず、そして何よりも、この時代の出来事に無力なまま翻弄されていると考えています。

これは、これ以上のものはない誤った考えです。

 

しかし、当然のことのように確信に満ちたスタンスを維持するには、それを十分に認識した、自立した個人としての自覚が必要とされます。

したがって、私はこう申しましょう:

この世界の地政学的舞台での外部的な出来事に加えて、あなたの直近の個人的環境での出来事のいずれもが、あなたを新しい自己像に導くのに役立ちます。

 

明快な決断は、明快な思考と純化された「内なる自己」があって初めて可能になります。

 

したがってあなたが、この世界の出来事を眺めたり、生活面で大幅な調整を強いられる新たな状況を眺めたりするとき、世界が崩壊する脅しを掛けられているように見えるかもしれません――まだ新しい世界が見えてこないうちに。

実はこれは、あなたが閉塞感や固定観念から脱却しつつある良い兆候なのです。

 

人類や人類社会にとって、とても耐えられないような状況がいくつか起こって初めて、変化への意志の力やエネルギーが築き上がります。

 

世界は浄化されつつある

 

現にこの世界は、土台から最上部まで浄化されつつあります!

その意味は、あなた方が既に知らされている大浄化は、現に進行しているということです。

この先で実際に浮上してくるものは、本当に、理解できる範囲を遥かに超えています。

何故かと言えば、心根の優しい人は、人間がどれだけの悪事を働くことが出来るか、この世界にどれだけのヤミの支配構造が意図的に創られてきたかなどを、ほとんど想像することが出来ないからです。

 

この世界の3次元マトリックスは、その本質を自ら暴露します。

そして、このプロセスに光が大量に流れ込めは流れ込むほど、一般市民の目に届く真実の数々は、ますます圧倒的で身の毛もよだつものになるでしょう。

 

承知しておいて頂きたいのは、これです。

多年にわたって段階的に浄化されてきたものが、今日では、巨大な一投のもとに一瞬で完済されます。

もはや浄化の仕事が順を追って少しずつ為されることはなく、それに替わって、多次元宇宙に独特の時間の性質により、波動の窓が5次元世界へ開くのです。

 

以上が、これらの出来事が量や質の面で、独特の連なりを呈さなければならない理由で、あらゆる手段を超えてこのように行わなければならないのです。

これを理解すれば、とりあえず安堵(あんど)し目覚めが進むでしょう。

それというのも、納得した人は誰でも、まったく別のやり方で懸念の数々に対処することが出来るようになり、この変容の時代へ非常に貴重な貢献をすることになるからです。

 

地球規模の、また個人としてのこの変容の局面は、あなた方が新しい世界を「リアルな現実」と認識できるようになるまで、いま少し続くでしょう。

 

5次元を実見する

 

あなた方の多数にとって、既に今日でも、低波動の3次元レベルと高波動の5次元レベルとが、同時に存在しているように見えているようです。あなた方は何度も繰返して、多次元宇宙の異なるレベルへ送り込まれているのです。

したがって、ますます5次元世界は見えるようになってきています。

つまり、今日では内心で見て僅かに捉えることの出来るものが、次の段階では五感の前面に現れるでしょう。

それまでは、ヤミと光とが独特の姿で隣り合って存在するという、この「食い違い」を、あなた方の心で捉える必要があります。

しかしやがて、多くのことが達成され理解が進んで、内心に平和が訪れるでしょう。

ともかくここで、あなた方の「本来持っている力」へ話を戻しましょう。

これを知っておいてください。

 

あなた方が考えることの一つひとつが、話すことの全てが、そして行うことの一つひとつが状況を変える力を持っています。

 

今日において必要なことは、この事実を完全に意識すること。それに加えて何よりも、あなた方が使命として行ってきたことによる変化は、あなた方の周囲でも世界の中でさえ、直ちには気づくようにはならないということです。

その意味は、あなた方に要求されるのは、感じ取ることや思うことや話すことについて完全に明瞭であることで、それが明瞭であればあるほど、あなた方の創造力は大きくなります。

その反対の結論として、個人としての存立を邪魔立てされている人は、能動的に状況を創ることはほとんど出来ないという事実もあります。

 

したがって、「自己の修復と浄化」の作業を継続し、光に満ちた衝動の持ち主としての自己を確立することが非常に大切です。

 

「解放への学習場」

 

あなた方は今日、「解放への学習場」に出席しており、「偽り(いつわり)の人生概念!」から解放されつつあります。

これは非常に苦痛を伴うプロセスです。

つまり、あなた方は当初は多くのものを取り外され、一度は着物もなく完全に裸にされます。

つまり、あらゆる「偽りの刷り込み」から解放されて初めて、すべてを手に入れることになるのです。

「無力から真の力の持ち主へ」――これが本筋で、その可能性がいま、あなた方に与えられています。

 

そのようにして、あなた方の多くは、この新しい力の感触を既に持っており、この進路の遥か前方へ進んでいる人たちもいて、ますますこの力が本物であることが立証されています。

「大いなる目覚め」が始動し始めたのです。

それは、関係する人類の数の多さによってではなく、その質のよって測られたものです。

 

光がますますあなた方を貫き、それによってまた、あなた方の人生が変容します。

すでに重要性を失った古い習慣を後生大事にする人は誰でも、悪戦苦闘することになるでしょう。

何故なら「いまという時」は、過去や未来は関知せず常に瞬間に従い、どんな伝統も滑稽なことと見なし、人類の古くて行き詰った行動パターンを熔解させるからです。

 

今は、あなた方に「天」から流れ込む、すべてのエネルギーを活用する時です。

それらは、創造主の尽きることのない「恩寵の河」だからです。

 

ヤミがますます広がるように見えるほど、光が近いことを意味します。ヤミは、そこを光が照らして初めて認識できるものだからです。

したがって今日、世界の公衆の面前に照らされる事実の数々は、どれだけヒーリングのプロセスが前進したかの、そして人類による「真実の発見」が継続していることの、明白な証拠です。

 

何よりも、これを知っておきましょう。

今では、あなた方はこの世界で相当な数を占めており、それは光の戦士として、また光のメッセンジャーとしての規模のことです。

この世界に、これほど多くの自覚した存在たちが転生してきたことは、かつてありません。

あなた方が待望する「神々」は遥か前に戻ってきていますが、あなた方の大半がそれに気づいていないだけです。

したがって、あなた方がそれを内在化して、その確信を基にして生き様を変えるまで、その事実が繰り返し告げられるのです。

 

あなた方は現システムの奴隷ではなく、このマトリックスの道具でもありません。

あなた方は、新世界の創造者たちで、その本質は神を源とする完全覚醒した存在たちです。

 

そしてヤミの存在たちは永劫の昔から、人類がこれに気づくことを最も恐れてきました。

それが、全人類を「聖なる命の根源」から切り離すシステムが、構築された理由です。

これによって「大いなる目覚め」は、長期間にわたって妨げられてきたのです。

 

しかし、その時代はもう終わりです。

今や、最終的なお別れの出来事が最高潮で、その結末はこれ――「ヤミの切り離しと光の勝利!」です。

あなた方の生き様の更なる変化を、喜んで受容れてください!

 

そういうわけで私たちは、あなた方のそばにいます。

私たち、アセンションしたマスターたちと私エル・モーヤ、

これまでもこれからも、あなた方の中にとどまって、

ご一緒に光の中へ戻ります。

 

地球の人間という存在形態への神々の帰還は

これを最後として達成する。天はあなた方を待ち、

永かった旅を終えるのに、いま必要なのは

最後の一歩を踏み出すだけ:

あなた方の現実の中への一歩を。

 

永遠にあなた方を愛する

エル・モーヤ

 


【解説】(小松)

このメッセージはオーストリア人のヤーン(JJKJahn J Kassl)が受けたもので、原文のドイツ語から英訳されたページが〔こちら〕にあります。

 

以下では、メッセージの中から3テーマを選んで、主に「光へ向かう地球と人類」に収録したプレアデスのメッセージ(邦訳:アセンションの時代)を参考にしながら解説します。

ちなみにバーバラ・マーシニアックが“Path of Empowerment: New Pleiadian Wisdom for a World in Chaos”を出版したのは10年以上前のことです。

私たちは古くて新しい「地球と人類の問題」に直面しながら多年にわたり希望をつないできて、ようやく大団円を迎えようとしているともいえます。

 

1.力をものにする

――無力感は一種のエネルギーで、あらゆる領域であなたを邪魔立てし、あなたの能力を奪うことになります。

自分がどれだけ強力な存在なのかを自覚すること!――これほど大切なことは他にありません。

あなたが本来持っている知識により、あなたが話す言葉により、あなたの天性の振る舞いにより、あなたは強力なのです。

 

――非常に多くの人類が今だに、自分たちは十分に保護されてなくて前途に希望が持てず、そして何よりも、この時代の出来事に無力なまま翻弄されていると考えています。

これは、これ以上のものはない誤った考えです。

 

――あなた方が考えることの一つひとつが、話すことの全てが、そして行うことの一つひとつが状況を変える力を持っています。

 

その意味は、あなた方に要求されるのは、感じ取ることや思うことや話すことについて完全に明瞭であることで、それが明瞭であればあるほど、あなた方の創造力は大きくなります。

その反対の結論として、個人としての存立を邪魔立てされている人は、能動的に状況を創ることはほとんど出来ないという事実もあります。

したがって、「自己の修復と浄化」の作業を継続し、光に満ちた衝動の持ち主としての自己を確立することが非常に大切です。

 

ここでの問題は、「力の自覚」と「力の行使」に分けて考えるべきでしょう。

前者については「神の分身としての自己」を絶えず意識することが大前提で、それが「力の行使」による成功体験の積み上がりによって強化されていくでしょう。

後者については、ここぞという時に「能動的に意識して使う」ようにすることが大切で、それを、上のメッセージにある「考えること(意図すること)」「話すこと」「行うこと(行動すること)」の、いずれの方法によるかについては、状況に応じて(そして瞬時に)判断する必要があります。

 

次のプレアデスのメッセージは、特に「力の自覚」の参考になると思います。その核心と思われる個所に、アンダーラインを付しました。

 

人類の前途

 

それで、あなたのゲームプランは何ですか。望ましい世界を創るのに、あなたの力をどう扱いますか。何を信じることにしますか。 

覚えておくべきことは、あなた方の時代の出来事を、どのようにあなたが見て解釈するかによって、あなた自身がその中にいる、世界のバージョンが決まるということです。

世界には、一つのバージョンしかないように見えるかもしれませんが、それも幻想です。可能性は、地面に生える草と同じくらいありふれたもので、あなたの思い、感覚、欲望、そして感情に基づく決断から、湧き出すものです。

あなたが創る現実は、たとえ同じ街路に住んでいるとしても、あなたの隣人とは同じでないかもしれません。現実はトリッキーなもので、それを創ることも同様です。そして力は、最もトリッキーなものです。

そして、地球の皆さん、力を避けることはできないのです。あなたと力は万物の一部であり、あなたは力そのものです。私たちの質問を言いましょう――あなたの力をどう扱いますか。あなたの創造力には限界がありません。あなたの挑戦は、強力な存在になることへの恐れを克服することです。

 

なお、多くの人類が自分たちの本来の力に気づかず、あるいは自信が持てない状態に陥っているのは、「2.ヤミの支配構造」と大いに関係があります。

これについては、そこで引用した「徹底した情報操作(5)―人類が本来持っている力」を参考にしてください。

 

2.ヤミの支配構造

――現にこの世界は、土台から最上部まで浄化されつつあります!

その意味は、あなた方が既に知らされている大浄化は、現に進行しているということです。

この先で実際に浮上してくるものは、本当に、理解できる範囲を遥かに超えています。

何故かと言えば、心根の優しい人は、人間がどれだけの悪事を働くことができるか、この世界にどれだけのヤミの支配構造が意図的に創られてきたかなどを、ほとんど想像することが出来ないからです。

 

――この世界の3次元マトリックスは、その本質を自ら暴露します。

そして、このプロセスに光が大量に流れ込めは流れ込むほど、一般市民の目に届く真実の数々は、ますます圧倒的で身の毛もよだつものになるでしょう。

 

――あなた方は現システムの奴隷ではなく、このマトリックスの道具でもありません。

あなた方は、新世界の創造者たちで、その本質は神を源とする完全覚醒した存在たちです。

そしてヤミの存在たちは永劫の昔から、人類がこれに気づくことを最も恐れてきました。

それが、全人類を「聖なる命の根源」から切り離すシステムが、構築された理由です。

これによって「大いなる目覚め」は、長期間にわたって妨げられてきたのです。

 

上に出てくる「3次元マトリックス」や「システム」という言葉は、ヤミ勢力が永劫(えいごう)にわたって構築してきた支配構造が、地球の全域に、しかも隅々まで及ぶ巨大な構造になっていることを示唆しています。

これに関連して、まずはアセンションへのいざない(の一部)をご覧ください。

 

――「シャドウグループ(:ヤミ勢力)」に関して厄介なのは、その本体は常に裏に隠れていて、政治や経済や宗教などを含む人類社会のあらゆるキーポジションに息のかかった人物を配置することを通じて、裏で密かにコントロールしていることです。

その支配構造を維持強化するために「シャドウグループ」は、アトランティス崩壊後の永い歴史を通じて、多数の「工夫」を案出してきました。

それらは、真実を歪曲または隠蔽し、彼らの利己的な目的に都合がいい「別の世界像」を押しつける企みですが、基本的に、あらゆる学問領域に厳密な「正統の枠」を設定し、少しでもそれから外れたものを「異端」として排斥する仕組みです。

 

その場合、「科学の大枠」として威力を発揮したのが、「文明の直線仮定」と「非物質領域の存在否定」です。そして後者に関連して、誰もが本来持っている「現実創造力」を否定してきたことです。

 

ここで大切なことは、「ヤミの支配構造」を、どこか遠い世界のことなどと決して思わず「自分の現実問題」として、ある程度納得がいくまで徹底的に追求する姿勢でしょう。

そのための素材は山のようにあり、すべてが整合していることは、かなり早い段階で納得できるわけですから。

これについては特に、〔光の復活―創造主〕の【解説】を参考にしてください。

 

次に、プレアデスのメッセージから3項目を引用します。

 

徹底した情報操作(4)―非物質領域の実在と物質界とのつながり

 

あなた方の独自性には、物質的なものと非物質的なものの両方があって、様々な現実に及んでいます。しかし、あなた方は、そうした現実の存在を無視するように仕向けられ教育されてきました。

 

目に見えない非物質領域と物質世界とは、一つの現実が持っている諸相の全体だということを知ってください。あなたの意識は瞬間瞬間に、物質的現実と非物質的現実の両域において、実に優雅に、いともやすやすと働いています。

 

徹底した情報操作(5)―人類が本来持っている力

 

何千年にもわたる巧妙な陽動作戦によって、人類は、自分たちの世界を創造することができる力と天賦の才能の、真の性質を理解することから遠ざけられてきました。

 

あなた方は生まれながらにこの能力を持っているのですが、虚偽の能力限界を信じ込まされ、心の奥底で知っていることを信じないように誘導されてきたのです。

 

徹底した情報操作(6)―メディアのコントロール

 

コントロールされた主流のメディアは、あなた方の意識を、活力や創造力を欠いた、もっともらしい世界に惹きつけるための道具として利用されています。

あなた方の注意を、暴力や戦争の現実に導くことによって、あなた方の思考や信条を、被害者意識や完全な無能力意識にとりつかれるように、条件付けしているのです。

 

何十年にもわたって大幅に統制され、腐敗しきったマスメディアは、でっち上げられた世界の混乱状態を画一的に報道することで、一般大衆の注意をねじ曲げてきました。心理的な混乱や疲労を生むように台本が書かれ、演出されてきたのです。悲惨でショッキングな出来事を情け容赦なく何度も報道し、それに絶望や破壊のイメージを加えて見る者の心に繰り返し植え付ける――これは、極度の不安状態を創り出し、実際、一種の心理戦争と言えるでしょう。当局は、「何をやっても無駄だ」と絶望させるために、真実や半真実、ペテン、嘘を混ぜ合わせて巧みに操ります。それが「ニュース」としてまかり通り、生活を支配するのです。

 

ここにある「大幅に統制され、腐敗しきったマスメディア」という手厳しい表現に共感する方は、今や少なくないでしょう。

「草の根を分けてでも情報を探し出す」彼らの習性からすれば、「マスメディアが存在しない世界」が目前に迫っていることを知らないはずはないですが、それでも「崩壊していく組織」を守ることに汲々とする不思議な心理状態に置かれているようです。

 

3.上昇への通過儀礼

――明快な決断は、明快な思考と純化された「内なる自己」があって初めて可能になります。

 

――人類や人類社会にとって、とても耐えられないような状況がいくつか起こって初めて、変化への意志の力やエネルギーが築き上がります。

 

――あなた方は今日、「解放への学習場」に出席しており、「偽り(いつわり)の人生概念!」から解放されつつあります。

これは非常に苦痛を伴うプロセスです。

つまり、あなた方は当初は多くのものを取り外され、一度は着物もなく完全に裸にされます。

つまり、あらゆる「偽りの刷り込み」から解放されて初めて、すべてを手に入れることになるのです。

「無力から真の力の持ち主へ」――これが本筋で、その可能性がいま、あなた方に与えられています。

 

私たちは「無手勝流で」次の世界の住人になれるわけではなく、個人として取組み消化していかなければならない課題を、まだ多く抱えていることが指摘されています。

次は「1.力をものにする」で引用した箇所ですが、ここに改めて掲げておきます。

 

――したがって、「自己の修復と浄化」の作業を継続し、光に満ちた衝動の持ち主としての自己を確立することが非常に大切です。

 

人類の歴史と現状は、残念ながら次のプレアデスのメッセージの「他の者たちの明らかなコントロールと支配の下で生きるというドラマに、いわばゲームに、組み込まれてしまう」ことになっているようです。

ここでは「恐れの克服」がテーマになっていますが、それに加えて重要なことは「自分の人生に自分で責任を持つ姿勢」でしょう。

この基本軸がしっかりしていれば、簡単に他者に操られることはなくなるでしょう。

 

「恐れ」の克服

 

あなたの身体に関わる最大のテストは、恐れの克服です。恐れの中枢が習慣的に使われていると、頭は真っすぐものが考えられなくなり、理性的思考も麻痺してしまいます。切迫した危険もないのに自分の現実に恐れの感覚を投影していると、身体の統一性の感覚がゆがみ、大規模な内面の混乱が起きます。それによって、集合意識や世の中全体に恐れをばらまくことになるのです。

 

集合意識が、物事を創造し知ることができる自分たちの力を忘れ、否定し、不活性化し、そして価値がないと考えるなら、また自由なものの考え方を軽視するなら、人々は他の者たちの明らかなコントロールと支配の下で生きるというドラマに、いわばゲームに、組み込まれてしまうのです。

ここでの学びと課題として、未知のものへの恐れ、認識することへの恐れ、そして自分の人生に責任を持つことへの恐れがあります。自分が持つ力への恐れを克服することは、意識的な目覚めを発達させる過程で当然通過するべき段階です。それでも、最も重要な質問がなお残ります――自分の生得のものを評価しないまま、あなたはどこまで遠くへ行くつもりですかという。


【関連】

光の復活―創造主

地上世界に収穫期が到来した

光へ向かう地球と人類

 

[このページのトップへ戻る]

[トップハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2015 Eisei KOMATSU