HOME/アセンション

 

あなたの「帰郷」の歓迎は輝かしい祝賀から始まります―サナンダ・(アセンション時局’17

[2017 225]

 

スマホ版はこちら

 

 

【目次】

サナンダのメッセージ

【解説】

 

このメッセージでサナンダは、人類が個人として自ら招いて陥っている苦境から、即座に脱出する道を次のように説明されています。

 

――あなたは、「魂の源」と一体であるように創られており、その状態は定まっており変わることは有り得ませんが、それを一時的に見失っただけです。

それは、あたかも空を通り過ぎる小さな雲に視界を一瞬だけ遮られたようなもので、次の瞬間には、永遠に輝く太陽を見ることができます。

 

――皆さんの中で誰一人として、神から忘れられ、置き去りにされ、見失われ、またどんな形であっても審判の対象となったり欠陥があると判断されたりすることはありません。

あなたは創造された時から変わらず、永遠に完全です。したがって、くつろいだ気分で自分自身を受入れ、自ら選んだ人間の姿を――それを必要としないと思うようになる時点までは――大いに楽しみましょう。

そうすれば、自分の神性を完全に自覚できて、その嬉しさが心に満ちるようになるでしょう。

 

――あなたが、この状態を実感していない唯一の理由は、それを体験することを自分自身に許していないことです。そしてあなたは、自己に対するネガティブな評価によって視野を遮り、真実を見えなくしているのです。

 

これに対する人類の確信が、なかなか普遍的なものにならない実情はご存じの通りですが、それを解きほぐすためにサナンダは、「(創造主)と人間との関係」を「一般家庭の親と子供たちとの関係」になぞらえて、印象的な説明を与えてくれています。

そして個人として「神の愛」を受取るための、具体的な手順についても言及されています。

 

タイトルにある「帰郷」の正確な意味と、なぜその歓迎が「輝かしい祝賀から始まる」かについては、メッセージを最後まで読めば完全に納得できるでしょう。

 


サナンダのメッセージ

 

自分の本質に気づいて目が覚めた瞬間は誰にとっても忘れられない出来事で、その瞬間に自分が何をしていて、この目覚めがどれだけ突然やって来たのかを正確に覚えています。

人生のあらゆることが「普通に」動いていて、次の瞬間に自分が「神と一体」であることを知り、あらゆる疑いや不確実なことが消えている――これ以上の歓喜があるでしょうか。

 

誰もが、神に創られたすべての存在が、その目覚めの驚異を体験するでしょう。

それは誰にとっても定められており避けることのできない、常に「自己の魂の源と一体である」という「最も根本的な認識」の回復です。

「自己」と「魂」と、そのどちらが欠けても完全ではなく、また「不完全」は有り得ません。

したがって、あなたが自己の「もう一方」、つまり「あなたのハイヤーセルフ」「神なる自己」「あなたの一体性」を失うことは決してありません。それによって、あなたの「神聖な万物の一体性」の中での完全無欠性は、常に永遠に存在します。

あなたは、「魂の源」と一体であるように創られており、その状態は定まっており変わることは有り得ませんが、それを一時的に見失っただけです。

それは、あたかも空を通り過ぎる小さな雲に視界を一瞬だけ遮られたようなもので、次の瞬間には、永遠に輝く太陽を見ることができます。

 

神は「彼の創造物」を深く愛しており、それらが完全に目覚め、完全に気づき、完全に生きることを強く望んでいます。したがって、それは必ず実現するでしょう。

痛みや受難を伴う「幻想世界」でゲームを演じるという選択権は、すでに撤回されています。だから皆さんの目覚めが現に起こっているのです。

その兆候は、周りに溢れ返っているので眼を見開いて確認し、それを認識したら歓喜雀躍しようではありませんか。

皆さんの中で誰一人として、神から忘れられ、置き去りにされ、見失われ、またどんな形であっても審判の対象となったり欠陥があると判断されたりすることはありません。

あなたは創造された時から変わらず、永遠に完全です。したがって、くつろいだ気分で自分自身を受入れ、自ら選んだ人間の姿を――それを必要としないと思うようになる時点までは――大いに楽しみましょう。

そうすれば、自分の神性を完全に自覚できて、その嬉しさが心に満ちるようになるでしょう。

 

あなたの本質は「愛」で、他の何者でもありません。したがって、この神聖な真実を、改めて自覚しましょう。

それに気付いてほしいと神が望むのは、それによって皆さんに大きな喜びがもたらされるからで、皆さんに対する神の望みと意思は、皆さんが常に変わらず永遠にわたり喜びの中にいることだからです。

あなたが、この状態を実感していない唯一の理由は、それを体験することを自分自身に許していないことです。そしてあなたは、自己に対するネガティブな評価によって視野を遮り、真実を見えなくしているのです。

 

「幻想」の主な様相の一つは、自己に対する皆さんのネガティブな評価です。

皆さんが神からの離脱を選んだ時点では、それが皆さんに対する神の永遠の愛を拒否することだと分かっていました。しかし皆さんは、いずれにせよ神を必要としないことを、自らに納得させようとしたのです。

それは、十代の若者が両親からの自立を立証しようとして、家を離れたり長期の世界旅行に出かけたりするのに幾分似ています。

しかし自立を立証しようとする意思の心底では、物事がうまく行かない場合は、いつでも家に戻ることができるという認識を保留していたはずです。

そういう事態が実際に起こった場合、彼らは、まだ十分に自立した大人になっていなくて一人では世渡りができないことに気づいて、いくらか恥ずかしい思いをしますが、それでも実家という安全域へ戻るものです。

 

さてそこで、そのことは、皆さんと神との関係に非常に似ています。

心の奥底で皆さんは、常に自分の親に愛され大事にされていることを確かに知っていますが、内在する恥じらいが次のようなネガティブな自己評価と一体となって依然として残るのです――「まだ自分は十分じゃないし、独り立ちできないので家に戻るしかないが、たぶん受け入れられないだろう」

ところが親としてのあなたは、子供たちと極度の確執でもない限り、彼らが家に戻ることを「常に」歓迎することが分かっています。

それは親としての子供たちへの愛であり、できる限り彼らを支えることが希望だからです。したがって「決して」拒絶することはないでしょう。

 

そしてもちろん、神は、私たちの「天の父」は、永遠に愛し続け受入れ続けます!

あなたに必要なことは、神を求め神に頼ることだけです。――完全な信頼を持ち、疑いや懸念や怖れや、またネガティブで不適切な自己評価などを脇に置き、あらゆる瞬間にあなたを取り囲んでいる「愛のフィールド」に対して完全に心を開きながら、それを行うことです。

 

神の報い、審判、拒絶などというものは存在せず、愛だけが存在します。そして、その愛は永遠です。

いうまでもないことですが、ほとんどの皆さんは、自分の子供や、きょうだいや、配偶者や、友人などの、身体的または精神的な苦痛に対して、慰め安心させようとしたことがあるでしょう。

その瞬間あなたの心底にあった相手への愛は、非常に強かったはずです。

そして、神が持つ皆さんに対する愛の思いは、常に変わらず、もっと強くて、実際のところ皆さんの想像力を遥かに超えています。

 

あなたへの神の愛は間違いなく常にあなたと共にあることを、ともかく信頼して、あなたへの「神の愛」が絶え間なく燃えている、あなたの聖域、あなたの内なる祭壇へ入っていき、心を開いてその愛を受取るようにしましょう。

それを神は、あなたに対して常に差し出しており、あなたが受け取るのを優しく待っているのです。

そのように行って、神の抱擁の、温かさ、安らぎ、そして安心を感じてください。

そこが、あなたの永遠の「故郷」で、あなたが「常に」完全に歓迎され、「必ず」受け入れられる場所です。

そこは「あなたの故郷」だから、その中へ入る全ての権限を、あなたは持っています。

あなたがそれを実行したとき、あなたの「帰郷」の歓迎は輝かしい祝賀から始まります。何故なら、あなたの「帰郷」は、痛切に待ち望まれているからです。

 

親愛なる皆さんの

サナンダ(ジーザス・クライスト)

 


【解説】(小松)

このメッセージはイギリス生まれのアメリカ人ジョンJohn Smallman)が受けたもので、原文は〔こちら〕にあります。

 

「人間の本質」を教えない地球文明の不幸

「地球の親子」と「天(多次元宇宙)の親子」

何をどのように実行すればいいか

 

◆「人間の本質」を教えない地球文明の不幸

――自分の本質に気づいて目が覚めた瞬間は誰にとっても忘れられない出来事で、その瞬間に自分が何をしていて、この目覚めがどれだけ突然やって来たのかを正確に覚えています。

人生のあらゆることが「普通に」動いていて、次の瞬間に自分が「神と一体」であることを知り、あらゆる疑いや不確実なことが消えている――これ以上の歓喜があるでしょうか。

 

――「自己」と「魂」と、そのどちらが欠けても完全ではなく、また「不完全」は有り得ません。

したがって、あなたが自己の「もう一方」、つまり「あなたのハイヤーセルフ」「神なる自己」「あなたの一体性」を失うことは決してありません。

 

サナンダ(=イエス)」が人類にこれを教えるのは、今回が初めてではないでしょう。

2000年前にも「ナザレのイエス」として、サナンダは同様の主旨を別の語り口で当時の人々に教えたはずです。

しかし、人間は「常に神(創造主)と一体」で「神の分霊」として「神と同様の力を授けられている」という真実は、今日まで正しい形では伝えられていません。何しろ、キリスト教でも宗派によっては、イエス自身が神格化されたわけだから。

そして昔も今も、宗教のほとんどは「自分たちの神の教え」を守ることを教義の中心に置いており、その「教え」自体も指導者たちの都合がいいように加工されたり歪曲されたりして、残念ながら「真実」は、人類文明の共通的な認識から程遠いものになっています。

 

ここに「人類の大きな不幸」があります。

何故なら現代では、「文明国」の大半で「人間についての認識」は、その他の多くのテーマと同様に、標準的な教科書や辞典などを通じて共通化されており、その枠外の認識は「異端」として排斥されるか、少なくとも学校の教科書に採り入れられることはありません。

そして、「その文明」が、「同化政策」や「経済文化支援」などの名目で、発展途上国や僻地に追いやられた(例えばアメリカンインディアンや豪州アボリジニなどの)先住民の若者たちを、教科書や情報メディなどを通じて呑みこんでいくのです。

 

これによって何が起こっているかというと、先進文明国の教師や知識人を自認する方々でさえ、上のような「真実の教え」は、(誰にも教えられたことがなく教科書にも書いてないので)「難解」で「とっつきにくい」ということになり、何とか自らの糧にすることはできても、普及の先兵を買って出るところまでは期待しにくいという現実があります。

本来なら親や社会が、子供たちに「いの一番」に手順を踏みながら教えるべきことで、それさえ出来ていれば、このような状況は起こらないはずですが。

 

◆「地球の親子」と「天(多次元宇宙)の親子」

――そしてもちろん、神は、私たちの「天の父」は、永遠に愛し続け受入れ続けます!

 

――神の報い、審判、拒絶などというものは存在せず、愛だけが存在します。そして、その愛は永遠です。

いうまでもないことですが、ほとんどの皆さんは、自分の子供や、きょうだいや、配偶者や、友人などの、身体的または精神的な苦痛に対して、慰め安心させようとしたことがあるでしょう。

その瞬間あなたの心底にあった相手への愛は、非常に強かったはずです。

そして、神が持つ皆さんに対する愛の思いは、常に変わらず、もっと強くて、実際のところ皆さんの想像力を遥かに超えています。

 

ここでは、「地球の親子」に対する「天の親子の特長」に触れています。

「天の親子」とは、もちろん「創造主」と「人間など被創造物」との関係を指しています。そして、その関係性は、(上では直接的には言及されていませんが)「魂のレベル」のことで、しかも「神の臨在」と言われるように、何億何兆という各個人の中に常に「同じ神がいる」、そして各個人から見れば「神との関係は常に11〕」という、想像を絶する構造になっているようです(「神に不可能はない」と神自身が言われるように)。

そこで「天の親子の特長」は典型的に、

まず@、「地球の親子」の関係が、少なくとも人間の姿としては「一代限り」であるのに対して、「天の親子」の関係は、「子の魂」が「創造された時点から永遠」に続きます。

そしてA、「天の父」の「我が子」に対するスタンスは、「報い、審判、拒絶」などは一切なく、「愛だけが存在」します。

さらにB、その愛は「人間同士の愛」よりも「圧倒的に強く」、私たちの「想像力を遥かに超えている」と言われています。

 

◆何をどのように実行すればいいか

――あなたに必要なことは、神を求め神に頼ることだけです。――完全な信頼を持ち、疑いや懸念や怖れや、またネガティブで不適切な自己評価などを脇に置き、あらゆる瞬間にあなたを取り囲んでいる「愛のフィールド」に対して完全に心を開きながら、それを行うことです。

 

――あなたへの神の愛は間違いなく常にあなたと共にあることを、ともかく信頼して、あなたへの「神の愛」が絶え間なく燃えている、あなたの聖域、あなたの内なる祭壇へ入っていき、心を開いてその愛を受取るようにしましょう。

 

ここでは「神の愛を受取るための要諦」が述べられています。

あなたを取り囲んでいる『愛のフィールド』」とは、常に一体として「臨在」している「神のエネルギー」を指しているとみられます。

そして具体的にそのエネルギーにつながるには、「あなたの聖域、あなたの内なる祭壇へ」つまり、一にも二にも、(心を十分に開いた状態で)「自分の内部へ入っていく」ことに尽きるようです。

 

【関連】

「地球の皆さんは幻想世界でゲームを演じています」と言われるが・・

自らの聖なる本質を改めて認識する―サナンダ

新世界への扉―創造主

 

[このページのトップへ戻る]

[トップハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2017 Eisei KOMATSU