光へ向かう地球と人類

―『パス・オブ・エンパワーメント』解説(その2a)

 

「信念」を変更する

 

何世紀にもわたって、個人的な力が不足しているという限界を設ける信念が、世界中で事実として受け入れられてきました。これらのことは、あなた方の注意力をこうした信念に集中させることによって達成されたのです。

こうした信念は現実についての合意事項のようなもので、あなたが直面する人生の舞台を設定します。そして自分が創造した人生のドラマにどう反応するかは、あなたの気付きの程度によって決まります。

 

人は誰もが、親族や社会環境また学歴や職業などを背景に持つ信念のもとに生きていますが、それらの信念の是非について真剣に考えてみることは少ないでしょう。むしろ、信念は絶対的に正しいもので、信念があるから自分は何とか生きていけると信じていることが多いと思います。

ところが、「世界中で事実として受け入れられて」きた、「個人的な力が不足しているという限界を設ける信念」は、誰もが持つ(思いによって現実を創るという)天賦の創造力に気付かせないようにするために、何千年にもわたる人類社会の支配構造によって植え付けられてきたものです。それをやるために、宗教や科学など各時代で利用できるあらゆる手段を動員して「あなた方の注意力をこうした信念に集中させることによって達成された」というわけです。

その結果、「個人的な力が不足している」のだから、支配者にすがる、あるいは神にすがる(「苦しい時の神頼み」)しか出口はないというような思考様式が一般化しましたが、これは宇宙と取り交わした「合意事項のようなもの」で、自分が持つ現実創造力に対して無意識に限界を設けることになります。つまり「あなたが直面する人生の舞台を設定」することになるのです。

そして、そこから生じた現実を、「自分の創造物だ」と認めるかどうかは、つまりネガティブな方向に「自分が創造した人生のドラマにどう反応するか」は、「気付きの程度」によって違ってきます。

 

信念が、あなた個人のエネルギー場の不可欠な要素であることを、どうか忘れないでください。

実際のところ信念は、魔法の一形態なのです。魔法というのは何かを形のあるものとして出現させる能力ですが、信念もそれと同じことをやります。そして集合の信念は、集合的魔術を起こします。しかしやがて、人々の信念は操作され形式化されて、三次元空間での体験における集合的合意になり果ててしまったのです。

 

内容がどのようなものであっても信念は、エネルギー的に私たちの現実創造を支える「個人のエネルギー場の不可欠な要素」です。それは、ネガティブにもポジティブにも働きますが(前出の「ネガティブ創造のマジシャン」の項参照)、いずれにしても個人的に、または集合的に「何かを形のあるものとして出現させる」という意味で「魔法の一形態」です。

このような「魔法」が自在に行使されることは、支配構造にとってまことに都合が悪いわけで、都合がいい方向にねじ曲げ「操作」する努力が行われてきました。そして近代では、学問体系や教科書にも「個人的な力が不足しているという限界を設ける信念」として取り込まれて「形式化」し、(創作物やマスメディアを含む)社会のあらゆる領域でその信念を補強し続ける「活動」が一般化しました。挙句の果てには、操作されていることに気付かず、当然のこととして受け入れる「集合的合意になり果ててしまった」のです。

 

誰もが多様な出所から集めた信念や思い込みをたくさん抱えています。遺伝、家庭環境、幼児体験、社会的あるいは文化的影響、そしておびただしい数の他の転生からの印象。――こうしたことは、三次元現実における体験を規定する、目に見えない信念の束を構成する要素の一部です。

信念というのは、ほとんどの場合、あなたが疑義なく抱いている自分自身や世間一般についての認識です。そのような、気付いていない思考様式は、想像力から生まれ潜在意識の記憶貯蔵庫に蓄えられて、内側と外側の両方の世界での、体験を規定しています。

信念はあなたを成功者にも失敗者にもします。楽観的な世界観を持っていれば、前向きで意欲的な姿勢が自然に生まれ、喜び勇んで人生に取り組むのが普通です。しかし現実を悲観的に見たり、否定的な解釈に偏り勝ちだったりすると、出会う物事全てに無力感や絶望感が影を落とすことになります。

 

私たちが「信念」と思っているものの大半は、いつの間にか植え付けられたり、あちこちから取り込んできたレベルの低い「思い込み」です。ところが、それは「三次元現実における体験を規定する」ので、自分が抱えている「目に見えない信念の束」に注意する必要があります。

それらは、元々は色々な体験や情報を「想像力」によってパターン化して意識に定着させたものですが、その現時点の姿としては「潜在意識の記憶貯蔵庫に蓄えられて」いるので、一覧表で見るような具合にはなっていません。しかし日常生活の様々な体験の中で個々のパターンが浮上してくるので、注意深く自己観察するようにすれば見付けることができるでしょう。これらは「三次元現実」にとどまらず、「内側と外側の両方の世界」での、つまり精神的・非物質的領域と物質界の両域での、私たちの「体験を規定」するので油断がなりません。

「信念」には、人生に対するスタンス、あるいは個人として持つ「世界観」という性格があります。それによって「あなたを成功者にも失敗者にもします」というのは、私たちが「思いによって現実を創る」天賦の力を持っていることの反映です。

 

いかなる状況にも、そこにはたくさんの異なる見方があることを、あなたはいま学んでいます。巨視的に見れば、人々の合意によって築かれているこの現実で、通念の崩壊が起こっていると言えるでしょう。人々は、信念は絶対的な事実、または議論の余地がない現実の属性だと確信して人生を築いていますが、実際には、信念は単に現実についての合意で、合意は変更することができるのです。

 

「いかなる状況にも、そこにはたくさんの異なる見方がある」というのは、典型的には「コップに水が半分しか入っていないと見るか、半分も入っていると見るか」というたとえのように、単に現象や体験についての解釈の違いです。しかし、個人の心身が受ける結果には絶大な差異が出てきます。それは、私たちが持つ創造性の発現です。結局のところ、「信念は単に現実についての(宇宙と取り交わした)合意」なので、自分にとって何のプラスにもなっていないようなものは、別のものに「変更」すればいいわけです。

現実は意識が創り、集合的現実は集合意識が創ります。それを集合的な信念(通念)が支えているというのが現実というものの構造です。したがって、「通念の崩壊が起こっている」というのは、これまで慣れ親しんできた現実そのものが崩壊し始めていることを示唆しています。

 

「真実」を知る

 

現実の本質に関する文化的通念は、あなた方の最深層の最も古いレベルから、あなた方の体験を規定しています。信念は現実についての観念から生まれてきます。それらの観念は時間を超えて受け継がれ、事実へと進化します。そうした事実が、そう教えられたということによって、見るものを規定しているのです。それらの観念はエネルギーの輪を形作り、集合意識が寄与する膨大な量のエネルギーに支えられて、現実についての極めて強固な青写真を創り続けます。

異議を免れてきた文化的前提に基づく、この大がかりなエネルギー支援の結果が、あなた方の現在の世界の構造全体を決定しているのです。集合的信念が、統制され呪術的に生み出された現実像を造り上げています。あなた方は、その現実に参画することに合意しているのです。そこであなた方は、社会や文化、更に疑いなく個人的体験の中でも、日々それらの合意に出会うことになるのです。

 

人類にとって「真実を知る」という一見して簡単なことが容易でないのは、既に述べたような「徹底した情報操作」が行われてきた不幸な歴史があります。強固な支配構造の下での巧妙な情報操作によって、人類は集合として、宇宙の真実から遠く離れた「文化的前提」を、「現実の本質に関する文化的通念」として取り込んできました。たとえ間違ったものであっても、そうした「現実についての観念」が「信念」となり、それが世代を超えて継承されて遂には「事実へと進化」したのです。

「思いが現実を創る」という宇宙の不動の原理があるので、現実というものについて人類が抱く「集合的信念」の「エネルギー支援」が、「世界の構造全体を決定」しています。その創造のプロセスは「呪術的」でさえあって、必ずしも人類に幸福をもたらすものとは限りませんが、それも私たちが集合として「参画することに合意」している現実です(前出の「ネガティブ創造のマジシャン」の項参照)。

 

欺瞞は古い道具で、あなた方が明白な事実の意味合いを直視せずに、その存在を「否定する姿勢」を採っている場合にだけ有効なものです。気付きは、無知を認めることを怠っている場合に、それを認識するための全能の道具です。あなた方は感情だけでなく直感を信頼するようになるべきで、そうすれば真実と虚偽を見分けることができるでしょう。

残念ながら、人々の目をもっと大きな全体像から逸らせる攪乱情報について、完全に理解している人はほとんどいません。人類が積極的に「否定する姿勢」を手放すまで、嘘や欺瞞は、どこまで遠くへ行かなければならないのでしょうか。

 

永い歴史を通じて人類を支配してきた勢力にとって、支配のための典型的な「古い道具」は「欺瞞」です。これは現在に至るまで、多くの場面で「有効」であり続けています。その理由は、例えば「911」や「ケムトレイルの散布」のような「政府の犯罪」について、「私たちが選んだ政府がそんなことをするはずがない」とか「それが本当なら新聞やテレビが報道しないわけがない」というように、多くの人が、疑問を深く掘り下げて追求することをしないで、頭から「否定する姿勢」を採っているためです。

マスメディアが完全に支配統制されている現状の下で、どうすれば「真実と虚偽を見分ける」ことができるか。そのためには、もっと「直感を信頼する」ようにして、「気付き」の能力を高める必要があります。

しかし残念ながら、「もっと大きな全体像」例えば、今日まで世界を覆ってきた支配構造のこと、多数の宇宙存在たちの地球への来訪のこと、また現に進行中の「アセンション」のことを、人々に気付かせないための「撹乱情報」が、インターネットのホームページやブログを含むあらゆるメディアの中に大量に忍び込まされて流通しています。そして、そうした状況について「完全に理解している人はほとんどいない」というのが、宇宙からの、歯がゆい思いを込めた人類社会の観察です。

 

想像力は、この物質世界と交差している目に見えない非物質領域を認識し、探索する重要な手段です。想像力が持つこの性質は、近代では顧みられなくなりました。それは、人体が持つ力と可能性に対する極度の不信と疑念を強調した、意図的な組織的コントロール活動が、極めて効果的に長期間行われてきたためです。

 

物質世界は大宇宙の小さな断片にすぎず、非物質領域という遥かに広大な世界を含めて多次元宇宙全体が構成されています。私たちが実際に多次元宇宙からの影響のもとで生きていることを考えれば、そこまで認識の枠を広げることの重要性が分かるでしょう。

しかし、物理的証拠を至高のものとする「三次元世界の論理」に執着する姿勢のままでは、真実を教えられても受け入れることは難しいでしょう。そこで、「想像力」の出番になります。これは、物事を感覚的にとらえたり、多面的にとらえたりして、自分なりの構図を描き、総合的に判断する姿勢といってもいいでしょう。日頃から感性を磨いて、自分の直感を信頼できるようになることが極めて大切です。人類の現状では、多次元宇宙を識るのに、想像力から生まれる直感以上に確かなものは存在しないのです。

ここで「想像力が持つこの性質は、近代では顧みられなくなりました」というのは、デカルトを始祖とする「科学的方法論」が学問や教育や研究開発の現場に広く浸透して、それ以外の認識方法を排斥する強固な枠組みが確立したことを指しています。

私たちが当然のこととして受け入れてきた現在の枠組みの背後に、「意図的な組織的コントロール活動」があったのです。それによって植え付けられ取り込んできた「古い思考様式」を、意識して変えるようにしない限り、真実に到達することは難しいと知っておきましょう。

 

この変容の期間を通して、一般市民と、情報をコントロールし真実を痛烈に批判しようとする側との対立がエスカレートします。人類が直面している堕落の大きさは信じ難いほどのもので、ようやく打開への道が見え始めたところです。

これまでよりずっと多くの人々が勇気を持って真実を知ろうとしています。そうした人々は、自分たちを抑圧し統制するのに「恐れ」が道具として使われてきたことに気付いているので、進んで勇気を分かち合おうとします。「恐れ」はこの現実を閉塞させている残滓であり、地球とその居住者にとって最も毒性の強い残留物を含んでいます。気の遠くなるような永い歳月をかけて蓄積された「恐れ」を、今こそ手放して変容させる必要があります。

 

このメッセージを伝えてくれた宇宙の存在たちには、人類の生きざまが素通しで見えるので、「人類が直面している堕落の大きさは信じ難いほどのもの」という所感が、自然に生まれるのでしょう。それは、支配構造を持続させるために、この世界に「恐怖の出来事」を途切れることなく起こし続けようとして、裏で密かに行われている闇の勢力の「努力」の大きさと執拗さを示唆しています。

この状況に対して「ようやく打開の道が見え始めた」というのは、「これまでよりずっと多くの人々が勇気を持って真実を知ろうと」していること、そして人々が「自分たちを抑圧し統制するのに『恐れ』が道具として使われてきたことに気付いて」きたことです。

人類が持つこの「恐怖心」は一朝一夕に生まれたものではなく、永い歴史の中の様々なイベントを通じて人類が取り込み、いわば「骨身に(つまりDNAレベルに)浸み込ませてきた」ものです(後出の「DNAの真実」の項参照)。それだけに強大な作用力を持っていますが、それを何としても「手放して変容させるべき」時が来ているのです。

 

「恐れ」の克服

 

あなたの身体に関わる最大のテストは、恐れの克服です。恐れの中枢が習慣的に使われていると、頭は真っすぐものが考えられなくなり、理性的思考も麻痺してしまいます。切迫した危険もないのに自分の現実に恐れの感覚を投影していると、身体の統一性の感覚がゆがみ、大規模な内面の混乱が起きます。それによって、集合意識や世の中全体に恐れをばらまくことになるのです。

 

「恐れの中枢」とは、脳にある小脳扁桃という器官で、これは危険を警告する「危険の見張り番」です。メディアが執拗に流す「ニュース」などから恐怖感を取り込んで、「切迫した危険もないのに自分の現実に恐れの感覚を投影」して、「恐れの中枢を習慣的に使う」ことを無意識にやっている人は少なくないでしょう。これは精神に対する自虐的な行為であるだけでなく、宇宙に対して「恐れ」の波動を撒き散らし続ける迷惑行為なので、何としても克服する必要があります。

これが「身体に関わる最大のテスト(課題)」だという意味は、累代にわたって取り込んできた「恐れ」が、DNAレベルに刻印されているからです(後出の「DNAの真実」の項参照)

 

集合意識が、物事を創造し知ることができる自分たちの力を忘れ、否定し、不活性化し、そして価値がないと考えるなら、また自由なものの考え方を軽視するなら、人々は他の者たちの明らかなコントロールと支配の下で生きるというドラマに、いわばゲームに、組み込まれてしまうのです。

ここでの学びと課題として、未知のものへの恐れ、認識することへの恐れ、そして自分の人生に責任を持つことへの恐れがあります。自分が持つ力への恐れを克服することは、意識的な目覚めを発達させる過程で当然通過するべき段階です。それでも、最も重要な質問がなお残ります――自分の生得のものを評価しないまま、あなたはどこまで遠くへ行くつもりですかという。

 

歴史を通じて人類が陥ってしまった不幸は、個人が持っている天賦の力を忘れてしまったことです。それは、思いの力によって自分たちの現実を創造することができるという、宇宙的な原理のことです。それに気付かないで自分の問題解決を外の力に求めていると、いつの間にか「他の者たちの明らかなコントロールと支配の下で生きる」ことになり、それはまるで操り人形のように、ゲームの駒のひとつになり果ててしまうことを意味します。これは個人にも、民族のような集合全体にも当てはまります。ここで「他の者たち」というのは、自分の身近な存在や教祖や権威者のような個人であったり、組織や社会制度やマスメディアであったり、国家であったり、裏で世界を操る秘密結社であったり、時には非物質界のネガティブな存在だったり様々です。

自分が持つ力によって現実を創造することに付随して、当然ながら創造したものへの責任も伴います。つまり「自分の人生に責任を持つ」ことになりますが、これは多くの人にとって簡単なことではなくて、「責任を持つことへの恐れ」という厄介な心情があるようです。責任を持つぐらいなら、自分の人生を他の誰かの操縦に任せた方が気が楽だ、というような無意識の姿勢です。しかし、この創造力は「生得のもの」なので、それに対する「恐れを克服」し、正しく評価して活かすようにしなければ、いつまでも主体的に生きることができないことになります。

 

エネルギーが加速するナノセカンドは、人類の遺伝子プールに蓄積された膨大な恐れを変容させようとする、壮大な多次元的癒しの冒険的事業にほかなりません。細胞に蓄えられた恐れのパターンを変えることで、あなたは個人レベルのエンパワーメントの波動を生み出します。それは現在から過去、そして未来に波紋のように広まり、別のバージョンのあなたや、あなたにつながる全てに影響を与えます。その大いなる癒しの力とは、つまるところ恐れか愛のどちらを選ぶかという選択です。愛を選択することで、恐れに対峙する勇気と強さを得て、恐れを変容させることができます。

 

1987年から2012年までの25年間、つまり「ナノセカンド(後出の当該項目参照)」は、人類に与えられた貴重な恩典です。この期間に「エネルギーが加速する」というのは、銀河の中心から送られてくるエネルギーが持続的に増大して、人類の肉体と意識の高度化をサポートしてくれるということです。これに伴って、多くの人が現に感じているように、時間も「加速」しています。

この間に人類が消化するべき多くの課題の中で特に重要なものとして、自分の先祖や自分の過去生から引き継いでいる「恐れのパターン」を、「肉体を持ってこの期間を生きている者(つまり私たち)」が、一蓮托生で癒すということがあります。

その「恐れ」は、「遺伝子プールに蓄積」されている、つまりDNAに刻印されているほどの強固なものですが、いったんそれが癒されると、この効果は時空を超えて伝わります。つまり、物質次元だけでなく多数の非物質次元に、また「現在から過去、そして未来に波紋のように広まる」のです。そして「別のバージョンのあなた」つまり自分の過去生や、魂のレベルで別の次元で生きている自分自身にも影響します。また「あなたにつながる全て」つまり自分の血統でつながる全ての先祖たちにも効果が及びます。更に「個人レベル」でも「エンパワーメント(後出の当該項目参照)の波動を生み出す」ことができて、望ましい現実を自在に創造できるようになります。まさに「壮大な多次元的癒しの冒険的事業」なのです(後出の「癒しの本質―時間のラインに沿って癒す」の項参照)

さて「恐れ」を克服するにはどうすればいいか。それに対する最もシンプルな答は、どんな局面でも「愛を選択する」ようにすることです。そうすれば「恐れに対峙する勇気と強さを得て、恐れを変容させる」ことができます。

 

[前へ      次へ]

 

[このページのトップへ戻る]

[光へ向かう地球と人類・目次]
ホーム
Copyright© 2008 2009 Eisei KOMATSU