HOME/アセンション

 

Q&A’17f4・「ガイア・アセンション」シリーズ


(17/06.20) 続・創造主が夢に託されたメッセージについて

(Q) 小松様 こんにちは。

新たなメッセージをお伝えせさせていただきます。

 

 ▶創造主の新たなる采配―愛の地球テラ…そして宇宙の総仕上げに向けて

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(A) 拝見しました。

ありがとうございます。

以下が私の感想です。

 

この夢のメッセージは、「2幕もの」で、「1」が2場に分かれ、その中間に「2」が挿入されているようにみえます。

それに、「宇宙同胞アマンダの伝言」という〔+α〕がつきますが。

 

◆〔1幕・第1

 

以前、住んでいた町を歩いていました。
空を見上げると、筒状で先は少し細くなっている、旅客機の胴体部分だけのような乗り物が浮いています

この部分は、後に出てくる〔1幕・第2〕への「イントロ」という位置づけのようですが、「以前、住んでいた町」というのは、「平和な時代のアトランティス」のことで、そこでは日常的に「旅客機の胴体部分だけのような乗り物」が、つまり多数の人々を乗せて宇宙空間を飛翔する「葉巻型UFO」が見られたのでしょう。

ちなみに、「アトランティスの時代」を生きた多くの人が、現代つまり「アセンションの時代の地球」へ転生してきていることが、エドガー・ケイシーのリーディングなどで伝えられています。

 

銀色に光り、窓らしき部分からオレンジ色の光が放たれ、全体が心を奪われる程に光り輝いています」というのは、その乗物と搭乗者たちの、(現在の地球人に対する)波動レベルの高さを示しているようです。

 

それが「くるりくるりと上下に回転をしました」というのは、完璧な「重力制御技術」により、それ自体が独自の「重力場」を持っていて「地球の重力」の影響を受けないので、乗員も乗客も、それによって何の違和感も受けないのでしょう。

そして「上下に回転」するのは、「何かの(例えば間もなく出発するという)合図」でしょう。

 

 

◆〔2

 

また歩き始めると、知人の女性たちが駅に向かって歩いている所に出会いました

これは、一転して現在の地球の、近未来の状況を示しているようです。

駅に向かって歩いている」というのは、「アセンション」を志向して、その方向に進んでいるという意味でしょう。

 

いつもと身に付けている服装がまるで違い、白、あるいは薄いグレーの厚紙のようなもので出来た長袖のワンピースを着ています。
首元からひざ下まで、継ぎ目も、縫い目もなく、シワひとつなく、円錐形をしています

これは、上向きの「矢じり(矢の先端)」のイメージで、上昇への抵抗が最も少ない「上昇用の胴衣」を身につけている、換言すれば「上昇を志向している」ことの象徴でしょう。

 

すると、上空に大きな濃い茶色のオオワシのような鳥が近づいてきました。
鳥の胸全体に白い格子柄があります

これは、実在する「オオワシ」を模倣した人工物で、「胸全体」の「白い格子柄」は「窓」のイメージで、内部の「客室」が、何層かで構成されているのでしょう。

 

知人たちは、日ごろ見た事がない大きな鳥が近づいてくるので 「怖い!」 といいながら身をすくめています

これは、「上昇志向」を持って日頃から勉強していても、実際に見馴れないものを見ると即座に「恐怖心を抱く」という、多くの人類に共通する傾向のことでしょう。

 

その鳥は右翼を胸に当てるように折り曲げて、私達に挨拶をする仕草をしました

これは、あたかもオペラの舞台が終わって、出演者の一人ひとりが下がったカーテンの前に出て入れ替わり挨拶する「カーテンコール」の場面に似ていますが、ここでは「迎えに来ましたよ」という知らせでしょう。

この場合、正確には「このように、いずれ迎えに来ますよ」という意味でしょう。

 

 

◆〔1幕・第2

 

私の感覚では我が家へ帰っているのですが、現在の住居近くではないようです。
上空には、先ほど出現した筒状の乗り物が浮いていて、また目の前でくるりくるりと上下に回っています

ここでは「以前、住んでいた町」つまり「アトランティス」ではなく、「現在の住居近く」でもなく、むしろ「近未来の地球」のどこかでしょう。

そこは、「私の感覚では我が家へ帰っている」ような「アットホーム」な印象があり、以前見たのと同様の「筒状の乗り物が浮いていて、また目の前でくるりくるりと上下に回って」いることに違和感はないのでしょう。

 

高いビルの最上階の窓に娘(琴音)がいたので、道路から「写真撮って!撮って!」と声を掛けました。
娘はカメラを構えていてすでに写していた様で、ホッとしました

この場面から、特に「「写真撮って!撮って!」と声を掛けました」という言葉から受ける印象として、「実在する航空機に酷似する宇宙船を見せる創造の力」の「(趣向を変えた)第2ラウンド」が、このような形で始まるのかな、とも思えます。

ご存知のように、「夢のメッセージ」が多面的な意味を持つことは少なくありません。

 

光り輝き、ひときわ美しい姿かたちをしたその乗り物は、回転し終わると直角に方向を変えて飛び去って行きました。
夢から醒めた今も、その美しさが心に残っています

ここにある「回転し終わると直角に方向を変えて飛び去って行きました」という点が、意味深長です。

回転し終わる」というのは、地上の観察者から見て水平状態になり出発態勢になったということで、「直角に方向を変えて飛び去って行きました」は、これまでの(人類の)進路とは「90度ちがう方向」に「目指すべき進路」がありますよ」と示唆されているようです。

 

 

宇宙同胞アマンダの伝言

 

我々 宇宙同胞も さまざまな演出をして
地球の皆様の近くで見守っていることをお伝えしたいと考えております

創造主の願われる通りに動かせていただきたいと思っております

ここにある「さまざまな演出をして」という言葉からは、上記した「(趣向を変えた)第2ラウンド」への期待を抱かせられます。

いずれにしても、はるばる「アンドロメダ銀河」から「飛来」されて、このように支援していただくのは、この上なく有難いことと思います。

 

ひめみこさんに見せられる夢も
その時々に必要とあらば 進化の過程においての
創造主のおもいのあらわれとしてのこと

ここでは、「進化の過程においての 創造主のおもいのあらわれ」と、一般論的に解説されているようです。

 

鳥の夢も 信じられない方もおありでしょうが
コイリーの事を思い出してくださるなれば
それもあろうかと思っていただけるのではないでしょうか

「コイリー」は独自の意識を持つ「宇宙ロボット」だから、前出の「胸全体に白い格子柄」を持つ「オオワシのような鳥」も同様で、「その日」が近づくにつれ「表舞台」で「支援(救出)活動」に活躍されるのではないでしょうか。

 

いずれにせよ
我々は 常に地球を監視し
あらぬ方向へ迷い込む事のなき様
手助けしております

これは、「目覚めている人」または「目覚めかけている人」に対する「手助け」のことでしょうか。あるいは「惑星自体の存続にかかわるような危険」を防ぐという意味でしょうか。

残念ながら大勢として惑星地球は、すでに「あらぬ方向へ迷い込」んでいて、前出のように「直角に方向を変え」る必要があると思われますが、その兆しは明白には見えません。

「自由意思の宇宙」では、たとえ進路を間違えていても、人々が選択したものを「捻じ曲げる」ことはできないので、すべては人々の「目覚めの進展」にかかっていると思われます。

 

(Q) 小松様 こんにちは。

新たな夢とメッセージのご考察をお届けくださりありがとうございます。

 

今回は、「大神さまの 新たなる一歩」を象徴するような夢をお示しくださり、私も次なる展開への期待を抱いております。

創造主のご意向を受けられて、宇宙同胞の皆さまも様々な演出を考えてくださっていることをお伝えくださり、深く感謝いたしております。

 

宇宙同胞による「手助け」につきましては、「更なる高みへの始動」の中で、

 

 ――宇宙同胞には 宇宙同胞のお役目 約束事がございますゆえ
 それを実行し サポートする予定でおります

 

とのお言葉がございました。

創造主の采配の元、そのような枠組みの中で、惑星地球や人類に対して最大限のご支援をくださるのだろうと受けとめさせていただいております。

 

帰郷の時―宇宙船乗船の夢とメッセージ」には、創造主より、

 

 ――こたびの夢
 人類を代表し 常に 私に照準を合わす者にとっては 朗報であり
 私をないがしろにしている者にとっては 厳しいものとなろう
 これまでも 微に入り 細に渡り
 私は 手とり 足とり 導いて参った
 それを どれだけ おのれの肚に落としているかが鍵になる

 

とのお言葉がございまして、一人ひとりの道のりにおいては、まず、「人類を代表し 常に 私(創造主)に照準を合わす」ことが、大切になってくるように思われます。

それゆえに、上のお言葉に続き、次のようにお示しくださったことと存じます。

 

 ――最後の総仕上げに入る この時
 こたびの夢の様に
 救われる者の少なき事のなきよう
 今一度
 キリリと気を引き締めて 出直すことである

 こうした 私のおもいを伝え聞かれし者は しあわせなのだよ
 その深き意味をさとり
 宣(の)べ伝えることである

 

 

宇宙のことわりの中にあって、進路の選択の自由は与えられていることと存じますが、

 

 ――「私は主神の子です!私をその御手の中に迎えてください
 あなたが差し延べられた御手につかまり
 私につながる全人類 その両親 先祖をはじめ
 万物と共に新しく生まれたいのです」

 

 その様に申し出るが良い
 そして 私のあとをついてくるが良い

 

    〔「メシヤ」の新たなる真実―創造主のお言葉

 

と大神さまがおっしゃるように、これからも、すべては一体であるという意識を培わせていただきながら、メシヤに結ばれた者として意思表示を続けさせていただきたいと思っております。

 

【関連】

創造主が夢に託されたメッセージについて

 

[このページのトップへ戻る]
[
トップハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2017 Eisei KOMATSU