HOME/アセンション

 

Q&A’17i4・「ガイア・アセンション」シリーズ
スマホ版はこちら


(17/09.27) 続々・「愛の宮」建築プロジェクトの着手について―ひめみこさん、琴音さんのモナドのことなど

 []:ここでは通例と違って(Q小松)(Aひめみこ、琴音)(Q小松)(A琴音)の順となっています。

 

(Q:小松) ところで私は、ひめみこさんは、「聖母マリアの母アンナ」の生まれ変わり(「魂の大元」または、「モナド」といわれる本質が同一)ではないかと想像しています。

次は、〔もうすぐ、今にも、それは実現します―聖母マリア〕の【解説】からの引用です。

 

――そしてイエスの祖母が、下に別項で説明するアンナAnnaSaint Anne)であることは今では良く知られている事実です。

つまり聖母マリアMary Anna20BC-)は、再婚したアンナヨアキムJoachim)との間にもうけた子供です。(小松)

 

――さらに、聖母マリアが夫ヨセフ聖ヨセフJoseph ben Jacob37BC-)と結婚(5BC)して最初に授かった子供がイエスです(4BC)。

つまり、イエスMM(マグラダのマリア)とは同じ祖母(アンナ)を持っており、「いとこ同士」です。しかも「同じ年4BC)」に(さらに言えば同じ日に)生まれています。

そしてアンナの血統(DNA)は、両者を通じて「3人の子供たち」に受け継がれています。後述するように、これは極めて重要な事実です。(小松)

 

――◆数百年以上にわたり生き続けた母アンナについて

彼女はイエスが生まれた時点では、あなた方の概念では、非常に高齢ということになるでしょうが、実際には誰が見ても35歳そこそこに見えたでしょう。

そして、これには皆さんも同意されるでしょうが、その時点で彼女は「桁外れに」高齢で、500歳に近かったと思います。

そのように彼女は偉大なマスターで、多くの分野で才能を発揮した卓越したマスターでした。

彼女はドルイドから学び、非常に永くエジプトでも過ごしました。また彼女は、ババジのようにヒマラヤでも過ごすなど、たいへん広範に学んだ、ずば抜けた教師でした。

そしてまた、カルメル山(Mt Carmel)にあったエッセネたちの、偉大な修道場での学習の責任者でもありました。聖母マリア

 

(A:ひめみこ、琴音)

小松様 いつもありがとうございます。

ひめみこです。

 

この度、小松様のご感想を読ませていただき、私の魂について大御神さまにお伺いさせていただく機会を得ましたこと、心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。

大御神さまによりますと、私の魂の本質は、アンナと同じ様でございます。

 

歴史が変化する必要な時に、その役割を果たすために生まれさせていただいているとのことです。

愛の宮」の建築プロジェクトが始動をはじめておりますが、正直なところ、最初はどの様に対応させて頂いたら良いかというとまどいもございました。

しかしながら、大御神さまのお導きがすばらしく、私もこの建築プロジェクトに向けて、本気で取り組ませていただく決心をさせていただいた次第です。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

◇◇◇

 

こんにちは。琴音です。

ご返信をくださりありがとうございます。

 

ひめみこさんが言われる様に、ここ数日の間にも、大御神さまのおはからいにより、現実的に事が進んでいることを証明してくださる様な出来事がございまして、ますますリアリティーを感じさせていただいている所でございます。

この度、小松様より、「私にとっても、いっそう『リアリティーを持って感じられるようになったと思います」とのご感想をいただき、本当に有り難く、嬉しく思っております。

 

ひめみこさんと、私の魂についてですが、貴サイトでご紹介くださっております、魂の大元モナド」についてのご解説がとても分かりやすいので引用させてくださいませ。

 

――モナド(monad)創造主の分身として魂が創られる際に、それぞれが特定の個性を持つ「魂の大元(モナド)」が先ず創られ、そこから多数の個別魂が派生する構造になっている。各モナドは、自己から派生させた個別魂の宇宙の様々な領域における体験を集約すると共に、独自の理念や意図を持って、創造の目的に沿う方向に個別魂を導く役割を果たしている。個別の魂からすればモナドは自分の別の側面で、それを通じて創造主に繋がっており、また同じモナドに属する多数の個別魂の転生体験を共有している。

 

ひめみこさんは「アンナ」と、私は「聖母マリア」と、それぞれ「同じモナドに属する個別の存在」とご理解いただけましたら幸いでございます。

 

 

愛の宮」にて、具体的にどの様に御経綸の陣頭指揮を執られながら皆様にお会いされるのかということは、今の所、計りかねるのですが、大御神さまの胸の内では確かなイメージをお持ちのことと存じますので、私共も楽しみにして参りたいと思っております。

 

そして、天照主皇大御神さまの「人として姿を現わし そなた達に会えるようになるのである」とのお言葉につきましては、聖書の創世記によって伝えられております、

 

 ――神は言われた。「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう」

 

との言葉が思い浮かびましたので、お伺いさせていただきました所、大御神さまは、天国において霊的に人のようなお姿をされていらっしゃることをお伝えくださいました。

そして、次のお言葉を賜りました。

 

 ――神は 愛する子らを みずからの姿と同じようにされた

 

愛する子ら」はここでは、「神の代行者」である人間のことを指しております。

 

 ――人間は 地球に住み 地球に理想世界を築くためにつかわしたのだよ

 つまり わたしの代行者である

 

     〔⇒テラ〜再生への旅〜記憶の扉より

 

以前の、「キクリヒメさま メッセージ」(ひめみこの詩)に、

 

 ――私は龍神といわれている様ですが そうでもあり そうでもない
 魂は自由 姿を自由に変えております

 

とのメッセージがございましたが、宇宙の創造主であられる大御神さまも、臨機応変に様々なお姿をとられるように受けとめさせていただいております。

愛の宮」にて、現実世界に “ 人として姿を現わし ” てくださる際には、“ 天界の使者 宇宙同胞も高次元から降下して姿を現わすこととなる ” とのお言葉にありますように、周波数を調整されることで、私たちとお会いくださるとのことでございます。

 

最終章」が始まって以来の世の中の動きを見ておりますと、実際に大きな動きが目に見えて来ておりまして、当ブログにてお伝えさせていただいております「神さまの御計画」の「急ピッチの事態の展開」と相まっているように感じずにはおれません。

 

この度の、

 

 ――この時の参るを 待ち望みし多くのみ魂たちよ
 よくぞ ここまで成長をみたことと思うておる
 類まれな みたま達の 献身的な働きはもちろんのこと
 多くのわたしの愛するいとしい子らに依って
 この時を迎えることが出来 嬉しく思うておる

 

とのお言葉からは、本当に心待ちにしている時が「遠い先の話」ではないことをお示しくださったように感じられますね。

加速を伴いながら、「最後の大芝居」が繰り広げられてゆくことと思われます。

私共も、しっかりと大御神さまと共に前進させていただけるよう心して参りたく存じます。

 

ところで、20年以上前から新時代に向けての啓蒙活動を続けておられる小松様と、今、このような形でご縁をいただき、お力添えをいただいておりますことは、大御神さまの采配の内にてのことと感じ、本当に心強く、感謝いたしております。

かねてより、小松様は魂の存在として、どの様なお方なのであろうかと、お話しを聞かせていただく機会を楽しみにしておりました。

 

ご著書「アセンションへのいざない」の「著者紹介」にございます、「カリフォルニア大学バークレー校大学院」へ留学されている頃から、聖地シャスタ山にご興味がおありになり、見に行かれたとのことでございまして、やはり相当お若い頃から、「人類の目覚めと新時代の到来」への想いをお持ちでいらっしゃったのだろうと考えております。

 

(Q:小松) 拝見しました。ありがとうございます。

 

琴音さん魂の大元つまりモナドが、聖母マリアと同一であることが創造主により示された時点で、ひめみこさんモナドが「(聖母マリアの母)アンナ」と同一であることは、ほぼ確信していましたが、今回それが裏付けられて嬉しく思っています。

やはり創造主の采配にしたがって「歴史が変化する必要な時に、その役割を果たすために」、お二人とも地球へやって来られているのですね。上で引用した聖母マリアのメッセージで、次のように言われているように。

 

――母と父そして子としての、この組み合わせは何度も地球にやって来ており、皆さんの歴史では、その一部は特定の人たちに認識されていますが、他の多くのケースは認識されていません。

しかしそれは定められたパターンで、間違いなくイエスは、私自身と彼の父で私のパートナー・ヨセフとの間に生まれた子供です。

 

また、琴音さんが創造主のお姿に言及された次の箇所によって、人々は晴れ晴れとした気持ちで創造主にお会いできるのではないかと思われます。

 

――大御神さまは、天国において霊的に人のようなお姿をされていらっしゃることをお伝えくださいました。

 

――宇宙の創造主であられる大御神さまも、臨機応変に様々なお姿をとられるように受けとめさせていただいております。

愛の宮」にて、現実世界に “ 人として姿を現わし ” てくださる際には、“ 天界の使者 宇宙同胞も高次元から降下して姿を現わすこととなる ” とのお言葉にありますように、周波数を調整されることで、私たちとお会いくださるとのことでございます。

 

周波数を調整される」とは、地上の人類に合せて「波動レベルを下げられる」という意味で、宇宙同胞が必要に応じて人類の中の特定の人にコンタクトする場合と同様のことと理解できます。

ここで少し気になるのは、次の点です(アセンションものがたり(上):解説〔11.オープンな交流への障害〕より引用)。

 

――「宇宙船をオープンな形で地球に着陸させるといった方法は、少なくとも今はまったく賢明ではない、ということが決定されました。最初の段階として、それは私たちには危険すぎますし、多くの地球人にとっても衝撃的すぎます。恐怖とエゴが癒され、この惑星のエネルギーバランスが戦争でかき乱され妨害されることがなくなる時点までは、危険が大きすぎるのです。宇宙船をオープンな形で着陸させ、このような方法で彼らにアプローチしようとすれば、ほぼ確実に大規模なパニックと混乱を引き起こすことでしょう。銃が発射され、人々が傷つくことになります」

 

ここにあるように、オープンな交流への障害は大きくみて二つあります。

一つは人類の多くが心の奥底に抱いている恐怖心です。それは、「宇宙人の恐怖」を煽る映画やテレビドラマによって、絶えずリフレッシュされています。

もう一つは、地球の主な政府、特にアメリカ政府の姿勢でしょう。現状では、宇宙の同胞たちへの敵視政策は「生きて」いて、オープンな交流への最大の障害になっています。

少なくとも、「スターウォーズ」を意識したアメリカの「空軍宇宙軍団(Air Force Space Command)」のような巨大組織が解体され、「宇宙兵器」が無力化されないかぎり、オープンな交流はないでしょう。「銃が発射され」というのは象徴的に言っているだけで、実際にはミサイルか、それ以上の一般には知られていない兵器が使われるのです。

 

ご参考:時代の要請で介入を強める銀河同盟

 

実際に近年は、UFO目撃やコンタクトのレポートが大幅に減っているという印象があります。

しかしこの問題も、琴音さんが言われる次のような「直近の動向」の中に吸収され、解消していくことを期待したいと思います。

 

――「最終章」が始まって以来の世の中の動きを見ておりますと、実際に大きな動きが目に見えて来ておりまして、当ブログにてお伝えさせていただいております「神さまの御計画」の「急ピッチの事態の展開」と相まっているように感じずにはおれません。

 

 

ところで、私が留学中に「シャスタ山Mt. Shasta4317m)」を訪ねたのは33歳の夏のことで、カリフォルニアを去るに当たって思い残すことがないようにと「何気なく」一つだけ選んだのがそれでした。

夏学期に入ってドイツ人やフランス人の「遊び友達」はすでに帰国しており、帰路に「ラッセン火山(Lassen Volcano)」に立ち寄ることも含めて往復約1200kmを、川岸の砂地にテントを張りながら23日のクルマでの単独行となりました。この場合は登山ではなく、麓から雄姿を眺めるだけでしたが。

社費での留学が決まった時点で私の関心は「バークレーBerkeley)」以外には全くなかったのですが、それは当時の同校が、先進思想のメッカのような存在になっていたことに惹かれたのかもしれません。

 

私の場合、「精神世界(多次元宇宙に関係する事柄)」に本格的に「足を踏み入れた」のは38歳の頃、日立市内の事業所から、神奈川県の丹沢の麓にある日立コンピュータ部門の中核事業所に転勤した頃からです。同地の波動も、何かの影響を及ぼしたかも知れません。

たまたま同部門は経営再建の最中で、私には、特命を受けて再建にあたっておられた(私と似たようなフィーリングをお持ちだった)事業所長のスタッフとして補佐する任務があり、会社の仕事は多忙を極めましたが、それと同時並行して宇宙や精神世界の内外の文献を渉猟しながら、何食わぬ顔をして「二足のわらじ」を履いていた次第です。

そして同じ事業分野で役職などが変わっても「二足のわらじ」は変えず、1987年に定年よりかなり早めに(50歳で隠居し、その後17年にわたって日本全国の地形測量を実行された伊能忠敬にあやかって)日立を退職するまで「履き続け」ました。

実は後者(二足目のわらじ)は、前者(会社の仕事)にも役立つことが少なくなく、親しい友人や職場の仲間の中には、私が特に隠すこともしなかったので、私の「将来の本職」を感づいておられた方もいたようです。

 

「精神世界」に関係する個人的な体験として強く印象に残っているのは、上記の事業所に転勤して間もなくの頃の「UFO体験」です。

それについては、私の場合と非常に似た体験をされた読者からの質問に答える形で〔アセンションQ&A10j1(あるUFO体験)〕に記載しましたので、そこから引用してみます。

 

(A) 拝見しました。

私も似たような体験をしたことがあります。

30年以上前のことですが、厳冬期の深夜に知人を送っていって、クルマを停めた場所まで戻った時のことです。

周りの広い範囲が農地でクルマの往来もなく、静寂そのものでした。

ふと、西の空の低い位置に、金星のように明るい赤い光点があるのに気づきました。

そしてすぐ、「この時刻にあの位置には、あのような星はないはずだ」と思いました。

すると、その瞬間に光点は左に動きながら無音で、ゆっくりと近づいてきました。ちょうど真南で最接近したとき、赤く丸い形状が認識できましたが、その後尾に小さい光の粒がたくさん流れ出ては消えていくように見えました。

それから少しずつ高度を上げながら東に向かい、本体は見えず赤と青の光を前後で交互に点滅させるようになり、北方に向きを変えて山の向こうへ消えていきました。最後までまったく無音で、数分ぐらいの出来事だったと思います。

「見せていただいた」というのが、その時の感想で、それは今でも変わりません。

おそらく後半の点滅飛行は、通常の飛行機に似せて飛ぶ「カムフラージュ・モード」でしょう。

その前までが、特に私に対するメッセージで、これを見た人は他には誰もいなかったと思います。

 

私の場合、これまでのところ、宇宙同胞とのコンタクト体験や高次元の存在との意識的なチャネリング体験はありませんが、普通では起こり得ないような「超常体験」をすることが最近は増えており、これらも「見せていただいている」という印象があります。

現に進行中の「愛の経綸」につきましては、(琴音さんを通じて)創造主から直々にお声を掛けていただいていることもあり、及ばずながら微力を尽くさせていただきたいと思っています。

まだまだ個人的課題は多々ありますが、正しい軌道に乗っていることは確信しています。

これからもよろしくお願いします。

 

(A:琴音) 小松様 こんにちは。

ご返答をありがとうございます。

 

小松様のご留学中のこと、精神世界へ本格的に参入される経緯や、その後に歩まれた道についてお聞かせくださいましたこと、たいへん嬉しく、光栄に思います。

 

“伊能忠敬にあやかって” という所は印象深く、今、このように大御神さまのお導きのもと、「地上天国―宇宙の理想響の実現」へ向けての地図を、懇切丁寧に、細やかに記されておられる小松様と重なり合うように思わせていただきました。

 

「ひめみこの詩 第二節」が始まりましてから、展開が早くなり、「Harmonic Space」のエントリーも87になります(貴サイトよりの転載記事も含めてでございますが)。

 

そうした中でも、本当にひとつひとつ、丁寧に、多くの方々にご理解を深めていただけるよう、ご見解をお送りくださっておりますことに、いつも感銘を覚えております。

 

特に、「愛の経綸」につきましては、小松様とのメールの中で、新たにお伝えさせていただける大切なことも生じておりまして、その様な大御神さまの御心を感じさせていただいております。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

「愛の宮」にてお会いさせていただける時を心より楽しみにしております。

 

【関連】

続・創造主が住まわれる「愛の宮」建築プロジェクトの着手について

 

[このページのトップへ戻る]
[
トップハイライト全容]

[Q&Aハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2017 Eisei KOMATSU