HOME/新生への道

 

Q&A’18b2・「ガイア・アセンション」シリーズ
スマホ版はこちら


(18/02.13) 「破天荒の展開」への迷いを超越して前進する道―アダマ

(Q) []:この部分は、話の繋がりの都合上、「新たな宇宙時代」へ向けて「愛の宮」への想いを醸成させる時に掲載した「2つ目の(Q)」の後半部を再集録してあります。

 

小松様 こんにちは。

 

河童族長老アレッサンドロフスコエさんがお話しくださいました、「すべてのものの永遠の生命へのよみがえり」につきましては、小松様のご見解と共に、真摯に受けとめさせていただき、私も「神中心 神に創られし命」との想念を大切に抱き、宇宙の一員として共に歩ませていただきたいと思っております。

 

愛の宮」の建築に向けましても、大御神さまの願われる形へと順調に準備が進められておりまして、最近は生活についての細やかなことも、大御神さまのご意向を伺いながら、皆さまと打ち合わせをさせていただいております。

宇宙や地底世界の技術を存分に活かされ、地上世界の味わい深さも生かしつつ融合を図られたいとの大御神さまの理想が垣間見れまして、私共もワクワクしております。

どうか楽しみにされてくださいませ。

 

近況について等、新たに地底世界アダマさんが語ってくださいましたのでお伝えさせていただきます。

 

  ▶「愛の宮」土台作りの本格化―地底世界アダマ

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(A) 拝見しました。ありがとうございます。

 

まずは、「愛の宮」の土台作りの順調な滑り出し、おめでとうございます。

やはり、現に参画されている皆様方の献身的な取り組みに加えて、創造主大御神)の、いつも変わらぬ細やかなお心配りの賜物でしょうね。

例の「たゆとう小舟」の原詩に、「私の呼ぶ声をないがしろにはなさるまい、スズメが落ちても気配りなさる神ならばI know thou wilt not slight my call, For Thou dost mark the sparrows fall)」という表現があります。

 

今回のアダマさんのメッセージでは、まず次の箇所が印象的です。

 

――すでに完成された世界は天界に存在しているわけですので
現実の世界に移写して参りますことは必然なことになるわけです
中々 その現状に諸手を挙げて傾倒するということは出来にくいかもしれません
私どもの話だけで 今 現実にその場も計画も見えないのですから

 

すでに完成された世界は天界に存在している」そして「現実の世界に移写して参ります」ということについて、私たちの前途に待ち受ける「新しい地球(新生地球)」についても同様のメッセージがあったと思いますが、後者は次元が上昇した世界のことですね。

現状の延長としての「この世界」への「移写」が、どういうプロセスで実現されるのか、そこから「新しい地球」への「移行」はどのように行われるか、そのように考えると、ますます関心が深まっていくように思います。

 

そして、上に続く次の箇所です。

 

――中々 その現状に諸手を挙げて傾倒するということは出来にくいかもしれません
私どもの話だけで 今 現実にその場も計画も見えないのですから

 

私どもの話だけで 今 現実にその場も計画も見えない」・・・これは確かにその通りで、その先は、「(この世界の常識では)破天荒の話」であるだけに、「信じられる」か「信じられないか」の間で、心情が揺れ動く方々が少なくないのではないかと思われます。

これに関して、たまたま我が家に舞い込んできた、木内鶴彦さんの著書『生き方は星空が教えてくれる』(20034月初刷り、サンマーク出版)を読む機会に恵まれ、アダマさんが懸念される「信じられる、信じられない、の狭間で時間ばかり空費する状態」を一挙に超越して、誰もが「新生に向けて前進する」ための貴重なヒントが数多く含まれているのを「発見」しましたので、少しご紹介したいと思います。

 

ご存知と思いますが木内鶴彦さんは、彗星を3年間に(再発見も含めて)たてつづけに4つも発見された、世界的に著名な「コメットハンター」です。特に、1862年に初めて発見された後、永い間「行方不明」になっていた「スウィフト・タットル彗星」の再発見(19929月)は、それにより詳細な軌道計算が可能となった結果として、2126年に再回帰する際に、危機的な距離にまで惑星地球に接近することが明らかとなって、国際的な話題となり、今でも「尾を引いて」います。

そして同書は、ご自身の多岐にわたる体験や理念そして取組んでいる研究や活動を淡々と綴られた秀逸の著作ですが、上記したテーマとの関連で私が特に注目したのは、同氏の「臨死体験」の箇所です。

 

臨死体験のレポートは世界的に数多くあり、それらを集めて分析した著作もありますが、木内さんのレポートは一味もふた味も違っています。それは、同氏が一貫して持ち続けておられる「科学マインド」と「探究心」によって裏付けされており、しかも「この世界の学識」に一切とらわれず、ご自身で確認した事実だけをベースとして報告や理論を組立てる姿勢から来るものと思われます。

また6歳の時に初めて星を意識して以来、自作の望遠鏡で夜空を観測するなど「星空への関心」を抱きつづけ、高校を中退して様々な職業を転々とする中で、78年かけて天体物理学と太陽系のメカニズムを独学でマスターされたなどのご体験も、プラスに働いているとみられます。

しかし問題の臨死体験は、本格的な「コメットハンター」に身を投じる前のことです。

 

次は、22歳の時、十二指腸閉塞を伴う日本では前例のなかった病気によって「心停止」し、蘇生するまでのご体験の要所です。その心停止に至る直前にも臨死体験をされています。

 

――時空を自由自在に動き回れることがわかると、私の好奇心はさらに大きく膨らんでいきました。

宇宙の始まりを確かめたいという衝動に駆られたのです。

 天文学を学んだものなら、誰しもが一度は考えること。それは、宇宙の始まりは本当にビッグバンなのかということです。

私が見た宇宙の始まり、それはとても神秘的な情景でした。宇宙の始まりはビッグバンではなく、宇宙は一つの「ひずみ」から始まっていたのです。

そもそもの初めにあったのは「膨大な意識」でした。膨大な意識そのものを形成しているものが何なのか、空間なのか物質なのかということは私にはわかりませんでした。ただそこが膨大な意識の中だということだけがわかるのです。

膨大な意識の中に一つの「ひずみ」が生まれました。生まれたひずみは、その瞬間から解消に向かい動きはじめます。その動きこそが宇宙に満ちているエネルギーの流れにほかならないのです。

 

そもそもの初めにあったのは『膨大な意識』でした」――ここで言われる「膨大な意識」を「創造主」または「」に入れ替えると、創造主ご自身を始め高次元の存在たちから繰り返し伝えられる「(この世界の常識では)破天荒の話」そのものとなります。

例えば、「ガイア(テラ、あんすまか)」は、このように言われています。

 

――そのように、彼らは皆、すべての創造に責任を持つ存在の指揮の下で働きました。その存在は、神といった名で呼ぶことができます。この中心的な創造の力をなんと呼ぶかは問題ではありません。ここでは神という言葉を使いましょう。神が法則を創り、その法則の一部は物理学と関係があります。あなた方が科学と呼ぶ、その他の分野もあります。

ガイアからのメッセージA

 

さらに木内さんの話は、このように続きます。

 

――ひずみによって生まれたエネルギーの流れは渦をつくり、それによって空間に漂う塵が凝縮し、物質がつくり出されます。物質といっても初めは元素のように、ごく小さな塊です。渦の中で最初にできた元素は、水素でした。これは物質といっても形をもたないガスのような状態です。そのガス状の元素が自重によって引き合ったり反発したりしながら、さらに大きな塊へと成長していきます。

 そして極限まで成長した塊は、やがて自重に耐えかねて大爆発を起こします。この大爆発こそが、ビッグバンとされているもののようです。

 大爆発が起きたことによってヘリウムやリチウムといった新たな元素が生まれます。それらが爆発によってできた新たな渦の影響の中で、星という大きな塊にまで成長していきます。引き合い、成長してはまた爆発する。そんなことを幾度も幾度も繰り返しながら、物質としての性質や性格をつくり替え、新たな物質を生み出していきます。こうして最終的には鉱物にまで形を変えていったのです。

 私たちの生きる三次元世界はこうしてたった一つのひずみから生まれました。正しくはひずみが解消に向かう過程が、三次元という空間と時間に支配されている世界だったのです。

 

お気づきのように、木内さんは科学者でありながら、視点においては「物質中心の考え方」を超越されています。

今回のメッセージでアダマさんも、次のように、私たちが視点を変えて前進することを勧められています。

言うまでもないことですが、下で「はじめに無であった」と言われるのは物質界の創造のことで、根源には創造主の「想い 念 」があるわけです。

 

――大御神さまは はじめに無であったところから おはじめになられ
その想い 念 ≠ニ申すところから 有 ≠ェ生じたわけですから

そこに思いを馳せることが出来ますれば
今回のプロジェクトも理解が進むのではないかと思うのです

 

もう一つ、木内さんの前掲書の中にある「重大な気づき」を紹介させていただきます。

 

――私が意識だけの存在になってから感じていたものに、「私」という個の意識を取り込む膨大な意識の存在というものがありました。私がその存在に気づいたのは、時空を移動できるようになって問もなくのことです。

最初に感じた違和感は、急に頭がよくなってきているような感覚でした。自分が学んだり体験したこと以外の知識が自分の記憶として存在するようになってきたのです。人類の歴史やさまざまなことを自分の記憶として読みとることができるようになっていました。わからないことが何もない、とてつもなく天才になったような気分でした。

これまで自分が生まれ育ってきた間に経験した記憶を「個の意識」というならば、その膨大な意識は、宇宙のすべてが誕生してから今までに経験した記憶といえるのかもしれません。その膨大な意識が、個の意識を包み込み同化していくのです。

それは、すべてが自分であるという何とも不思議な感覚でした。その感覚にどっぷりと浸ってしまうと、自分という個が見えなくなってしまいます。ですから私は、「意識」としてさまざまな世界を旅している間中、膨大な意識の中から「木内鶴彦」という個の意識をたどり、それをしっかりと保つように努力しなければなりませんでした。

私は、このときの体験を人に話すとき、過去や未来を旅したという言い方をしますが、正確には旅をしたのではなく、個という意識をベースにして膨大な意識の記億をなぞったということになるのかもしれません。

私という個の意識は、さまざまな場所や時、そこでの出来事をリアルな体験として認識していますが、実際には自分でもある膨大な意識の記憶をなぞっただけなのです。

 

――私は臨死体験の中で、宇宙の始まりから生命の発生、そして人類の歴史までをも見てきました。私の心臓が停止してから蘇生するまでの時間は、わずか三十分です。でもそのわずかな間に、私は膨大な時を経験したのです。

 

上で言われる「『私』という個の意識を取り込む膨大な意識の存在というものがありました」、「その膨大な意識が、個の意識を包み込み同化していくのです」、「私という個の意識は、さまざまな場所や時、そこでの出来事をリアルな体験として認識していますが、実際には自分でもある膨大な意識の記憶をなぞっただけなのです」――これらはいずれも、「膨大な意識創造主)」と「個の意識創造主の分霊である個々の魂)」との関係を的確に表現されています。

 

以上に加えて、下の2つのメッセージを併せて読めば、これまで、「愛の宮」につながっていく「破天荒の展開」の判断に迷いを持たれてきた方でも、簡単に「新しい大局観」に切り替えて、前進できるのでではないでしょうか。


――わたしを信じ いつ いかなる時
いつ いかなる事が 起ころうと
それを わたしに返し続けたれば
全てのものを 受け取り わたしのものとして認め
あらたなる旅立ちの要素としての ひらめきを与えよう
気付きを与えよう

疑念を抱くことの多き世にあって 迷いを生じ おのれに固執し
学問の虜(とりこ)になってはおるまいか

常に進化向上 とどまることのない発展を念じているわたしの
新しく送り出す永遠の叡智を
そなた達にも その何万分の一たりと感じて欲しいのだ

古き学問 古き観念
それらを一度 思い切って捨て去ろうではないか
もちろん その中にも永遠のものもあるには違いない
しかし
一度 それらを捨てて 白紙に戻すことが出来れば
その真偽の程がみえてくるであろう

今後 起こるであろう わたしからの贈り物に気付くであろう
さればとて
良くも悪しくも おのれにかかっているのである

 

わたしからの贈り物信じる

 

――大御神さまは 宇宙の創り主であられ
全宇宙すべての 魂 ∞ 種 ≠お生みになられ 植え付けて下さり
生きとし生けるものとして 存在がゆるされているわけです
大御神さまからご覧になられたら
私どもが 一定の観念に捕われた狭い了見でいることを
もどかしく思われておいでの事と思うのです
私どもの中に 長年の慣習として身に付いた そうした考え方を
とにもかくにも解き放ち このプロジェクトを信じて参りたいものです

 

今回のメッセージ

 

【ご参考】

1.『生き方は星空が教えてくれる』(サンマーク出版)は20157月に文庫本になっており、地元の書店などでも簡単に求めることができると思います。木内鶴彦さんご本人の著作は、これだけです。ネット検索などで出てくる他の出版社から出ている2著は、木内さんが想定されていなかった経緯で本になり、意に反する内容が書かれていて是正もされていないようで、木内さんは自分の著作と認めていません。その事情は、2016年に開設された〔木内さんのブログ〕に書かれています。

 

2.三次元世界の者が臨死体験によって体験できる領域は、基本的に三次元の物質界に限定され、さらに高次元の物質領域(宇宙同胞や地底同胞の世界)や精神界(天使界)を訪ねる(そこにある情報を入手する)ことは出来ないと考えられます(まだ確証はとれていませんが)。いずれにしても木内さんは(20034月の時点では)多次元宇宙の実在を部分的にしか想定されていなかったとみられます。まして近年の展開は、当然ながらご存知なかったでしょう。

しかし本書では、「コメットハンター」ならではの客観的な論理構成を一貫して維持されているので、どんな背景を持つ方でも納得できる読み物となっており、それにより期せずして、「破天荒の展開」に対する「絶妙の橋渡し」をして下さっています。

 

(Q) 小松様 こんにちは。

 

愛の宮」への期待と共に、いつも貴重なご見解や情報をお送りくださり本当にありがとうございます。

愛の宮プロジェクトにつきまして、大御神さまよりお示しいただきました際は、まさに青天の霹靂のようでございましたが、その延長上にある「新しい地球への移行」はどの様にご計画されておられるのかと、私もとても楽しみでございます。

 

愛の宮」のことをお伝えいただく直前までは、「実在する航空機に酷似する宇宙船」について取り組まさせていただいておりましたが、「宇宙船」に関しまして、次のお言葉がございました。

 

  ――この度 引き続き わが造りし宇宙にあって
  謎めいた宇宙船の写真を示した

  何故 この様な写真を示したかと申すと
  わたしの "" を世の人々に伝える必要を感じたからに他ならない

 

   〔創造の力―創造主のお言葉

 

私共にとりましても、「実在する航空機に酷似する宇宙船シップさん)」の存在を疑いようもない形で現わされていた事が「愛の宮が現実世界に建築される」という確信に繋がっているように思います。

(宇宙船関連の記事は「⇒宇宙からのコンタクト―今、永遠に光り輝く「いのち」の原点へ向かって。」をご参照ください)

 

今にして思いますと「シップさん」の出現は、こうした展開を見越されてのことでもあったのですね。

最近は、撮影をしていた頃に比べますと、「シップさん」の飛来する頻度は落ち着いておりますが、今回、小松様への返信に「シップさん」の事を書かせていただこうと思っておりました所、それに呼応するかのように、久々となる派手なショーを幾度も繰り広げてくださいました。

例えば、買い物をして、スーパーから出ると同時に上空に飛来したヘリコプター型宇宙船が、旋回しながら自宅までずっと同行してくださるといった風に。

 

ご紹介くださいました木内鶴彦さんの本は、数年前に一度読ませていただいたことがあるのですが、メッセージと共に改めて拝読いたしますと、新鮮に感じられまして、イメージも膨らむようでございます。

 

宇宙のすべてであられる大御神さまの意識は、とてつもなく膨大であり、そのすべてを理解させていただくことは難しいのかと存じますが、「一定の観念に捕われた狭い了見個の意識」を解き放ちながら、「神の意識」へと近づいてゆけるよう、「あらたな宇宙時代」を、今、生き始める事の大切さを感じています。

 

その後も、ご計画は順調に進展しております。

宇宙、地底世界、天界の皆さまのご尽力、そして地上の皆さまよりの応援に心より感謝申し上げます。

 

いつもありがとうございます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

【関連】

 「新たな宇宙時代」へ向けて「愛の宮」への想いを醸成させる時

 地底世界で湧き上る歓喜を私たちも共有しよう―「愛の宮」計画

 地底世界の中心人物アダマが早くも来訪された

 

[このページのトップへ戻る]
[
トップハイライト全容]

[Q&Aハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2018 Eisei KOMATSU