HOME/アセンション

 

ストレスと無縁の生き方を示そう―創造主・(アセンション時局’16

[2016520]

 

【目次】

創造主のメッセージ

【解説】

 

 

誰でもご存知のように、「現代社会」と「ストレス」とは切っても切れない密接な関係があります。

今回のメッセージで創造主は、この問題に潜む巨大な「病根」を明かされた上で、それに対して私たちが採るべき方策と進むべき道を示されています。

 


創造主のメッセージ

 

魂はよどみなく永遠へ続き、あなたは幸運を得る。

何が真実かを知り、あなたは魂が導く所に達する。

 

神です。

 

「いのちの流れ」を維持するように留意しましょう。

それは、神のエネルギーが自由に循環するところには病気や心配事がなく、人は私と親密になり神へ、つまり私のところへ上昇するからです。

 

ストレスを解放する

 

何よりも、以下の事柄を認識してください。

「いのちの流れ」の機能障害のない状態を維持することが、如何に大切なことか。

あらゆる障害物を解き放つことが、如何に必要なことか。

あなたのエネルギーセンターが、緊張から解放されストレスなく振動し続けることが、如何に価値あることか。

――そのために、あなた自身を、あらゆるレベルのストレスから解放しましょう。

緊張を生む考えから解放し、怖れに占拠された感情を手放しましょう。

 

これが神からの、つまり神である私から、あなたへのメッセージです。

 

ストレスが充満した状態で活動している人は誰でも、それがどんなレベルであっても、自己の内部を緊張させ、細胞の記憶への、また全知で永遠を生きる魂への、接近手段を閉塞します。

それによって、神の光への受容性を落とし、魂・心・身体の不調和が入り込むのです。

 

病気の原因は、常に一つだけです:

精神的、感情的、心的または身体的なストレスです。

 

あなた自身を、このような不注意に曝す(さらす)のは終わりにしましょう。

ストレスを引き起こすような環境から抜け出して、ストレスと無縁の生き方を始めましょう。

あなたに対して、ストレスは人生への意欲を引き出す好ましいもので、人生に不可欠の要素だと信じ込ませようとするのは、このマトリックスが造り出した幻想です。

多くの人類にとって成功とストレスとは、まだ相互に密接に関係しているようですが、これ以上の間違いは考えられません。

正確に言うと、こういうことです。

《この古いマトリックスで成功を目指す者は、このマトリックスの競技ルールに自らを従属させなければならない。》

したがって、ストレスが常態となるのです。

 

そして、これもまた真実です。

《このマトリックスの外へ抜け出そうとする者は誰でも、まず最初に、プレッシャーやストレスを生み出す全てのエネルギーを自己の人生から除去しなければならない。》

一方、高波動のレベルでは人は、あらゆる課題や使命に対して「聖なる全体」との深い内的調和をもって臨みます。

このような光のレベルでは、平和、調和そして決断力が方向づけします。

したがって高次の領域での創造は、プレッシャーやストレスとは完全に無縁で、極めて容易に純粋な喜びと共に生み出されます。

 

《高い地位にはストレスが付き物とされる》――このようなレベルを離れましょう。

そこでは、人はカルマの連鎖にはまり続けます。それは人の心が、神聖なものに対して閉ざされているからです。

緊張を生むエネルギーとストレスが、人の細胞を破壊します。

 

清澄な思考と純粋な感覚を持って、神を目指すスピリチュアルな人生が可能になるのは、人の内面の生き様がストレスと無縁の場合だけです。

 

この世界でこの時期における巨大な破壊者は、正に「ストレス」です。

まずはそれを認識した上で、あらゆるレベルでそれを取除くようにしましょう。

 

どのようにストレスは進行するか?

 

人が知覚したものに反する行動をとる場合、ストレスは場所を問わず進行します。

 

あなたが使命に反して行動する場合や、あなたの魂が拒絶する事柄を考える場合、そこに葛藤が進行します。

この内的な葛藤が最初は不快感を生みますが、その状態が間に合うようにタイミングよく認識されないと、ほとんどの場合は病気につながります。

 

想いや言葉や行為のそれぞれが、あなたの愛するべき魂と調和していなければ、あなたの心が塞ぐ(ふさぐ)結果となります

これが内面に不調和を生み出し、支離滅裂の状態を引き起こします。――「いのちの流れ」がブロックされるのです。

 

緊張に満ちた冒険は、もしその冒険がその人の魂の目的とプランに整合していれば、その場合に限って有益な効果を持ちます。

魂はその状態を「挑戦」とみなして受容れ、十分にポジティブで光に満ちたエネルギーを、それに対して供給するのです。

もしそれに該当しない場合は、ストレスが進行し、神経を蝕む(むしばむ)ことになります。

魂のプランに留意し、それを聴く耳を持つ人は誰でも、魂のプランに従う生き方をしない人とは、「挑戦」への体験が違ったものになります。

今こそ、あなたは自分の立場を明確にするべき時です。

 

今こそ必須の事に適切にエネルギーを配分しましょう。

そして進むべき方向が間違っていれば、進路を正してストレスを解放するのです。

また、すでに定められた軌道に乗っていれば、さらに深く根を下ろしましょう。

 

ストレスプログラミングの無力化

 

あらゆるストレスプログラミングを無力化する行動を始めましょう。

このマトリックスのヤミ勢力は、人類を籠絡(ろうらく)してきました。

そのやり方は、人類を「回し車(ハムスター・ホイール)」に閉じ込めて、ほとんど無益な活動に従事させるものですが、個々の人類はその本質に気づいていないという状況があります。

それを見抜く必要があります。

 

そのために、一方では、あなたの現在の仕事が自分の天職であるかどうかの判断に焦点を当て、他方では、あなたの仕事がこの世界と人類に寄与しているかどうか問うことです。

このような考察を続けながら、それを持って瞑想しましょう。

そして天の光の存在たちに、あなた自身をストレスプログラミングから解放するように依頼しましょう。

これに関連して、あなた自身を観察するのに十分な時間をとりましょう。

そうすれば、あなたの「本当の人生」に適合するものが何であるかを、迅速に見つけることが出来るでしょう。

 

神です。

 

私のところへ、質問を持って来てください。要求を持って来てください。

あなたの心にあるものを、何でも持って来てください。

それによって、あなたが私を悩ますことはあり得ません。あなたが私を忘れることはあり得るとしても。

 

そのために、私はあなたの世界へ入り、

私の王国へ、あなたを引き上げることが出来るのです。

――これを決して忘れないように。

 

何故なら、私が創造した世界はあなたのホームで、

あなたのホームは神の中に、つまり私の中にあるからです。

 

私たちは一体です。

神より

 


【解説】(小松)

このメッセージはオーストリア人のヤーン(JJKJahn J Kassl)が受けたもので、原文のドイツ語から英訳されたページが〔こちら〕にあります。

 

◆「回し車」に はめられた人類

――あらゆるストレスプログラミングを無力化する行動を始めましょう。

このマトリックスのヤミ勢力は、人類を籠絡(ろうらく)してきました。

そのやり方は、人類を「回し車(ハムスター・ホイール)」に閉じ込めて、ほとんど無益な活動に従事させるものですが、個々の人類はその本質に気づいていないという状況があります。

それを見抜く必要があります。

 

回し車ハムスター・ホイール)」とは、ハムスターで代表されるペットとして飼育されているネズミたちの遊具として考案された仕組みで、彼らは好んでその中に入り、自らの四肢を使って「回し車」を、かなり急速に回転させる運動をします。

一旦それを始めると、時には数時間以上にも及んで回し続ける状況も観察されています。

彼らが何故それを好んでやるかについての「見解」はいくつかありますが、いずれも憶測の域を出ていません。

「回し車」について確かなことは、狭いケージの中で飼育される彼らの健康維持にとって不可欠の「運動具」として、ペットショップなどで売られているということです。

 

上で引用したメッセージにあるように、創造主は人類が置かれている現実を、「回し車のハムスター」になぞらえて、「寸鉄人を刺す」表現で指摘されています。

ほとんど無益な活動に従事」していながら「個々の人類はその本質に気づいていない」という状況があり、それは元々「このマトリックスのヤミ勢力」が仕掛けたものだと明言されています。

その状況が、もし人類社会の一部地域や一部分野に限定したことなら、このような言い方はされないでしょう。

世界全体の、政治・経済・社会の全域にわたり、広範に及んでいることだからこそ、そのように表現されたのでしょう。

 

今回のメッセージの全体は「ストレス」がテーマで、上の引用でも「ストレスプログラミング」が重要なキーワードになっています。

これに「回し車のハムスター」を念頭に入れて人類社会の現状を見れば、「ヤミ勢力」が何を仕掛けたかは容易に推測することが出来ます。

 

その根源にあるものは「競争原理」で、人々を「互いに競わせる」仕組みでしょう。

卑近なところでは、学校教育やスポーツから文化活動にまで、社会の至る所にその仕組みを見ることができます。

あらゆることに点数をつけ序列をつけ、勝者と敗者を区別し、表彰したり賞金を出したりする。

心身をすり減らして上位を目指しても、念願がかなうとは限らない。勝者になったところで、「今日の勝者は明日の敗者」、あるいは「銅」や「銀」の順位では満足せず、更に上を狙う。こうして、ストレスの要因は際限なく造られます。

そして、「一度はまると、簡単にはやめられない」点で、まさに「回し車のハムスター」です。

 

それを私たちは、子供の頃からの教育やマスメディアが流布する「既成観念」の影響もあって、人間の本性として自然発生的に出来上がってきたもので、「向上するための好ましい仕組み」だと信じ込まされています。

しかし、「本来の人間の在り方」はそうではない、というのが、今回のメッセージ全体を通じた創造主の指摘です。

 

国家間や政治・経済の領域に目を転じれば、事態はもっと深刻です。

国家間や国家連合間で使われる典型的な手口は、かつてのイラクや今日のISのように、「仮想敵国」や「ならずもの国家」を指名し、針小棒大の脅威を「捏造」することです。

それを根拠として際限のない軍拡競争が行われる。軍事力の優位を背景に、他国への支配力や影響力を強めようとする。そして絶えず「攻撃や侵略の脅威」が煽られ、社会全体に「不安」が植え付けられるという仕組みです。

 

G7G20という「仲良しグループ」的な仕掛けも、根幹のスローガンは「持続的な経済成長」ですが、資源・エネルギー・環境などの制約を考えれば「持続可能性がない」ことは誰でもわかるはずです。しかしマスメディアを動員した膨大な「広告宣伝」によって、最善の道であるかのような印象が造られる。

持続可能性のないことを、数値目標まで決めて強引に進めようとするので、孫子の代になっても返済しきれない国家債務を更に膨らます一方で、社会的弱者に負担が重い逆進的課税を強化し、公共料金を値上げするなど、際限のない軋轢(あつれき)を生むことになります。

 

また、資本主義・新自由主義経済の運営下で、資本取引の完全自由化が一面的な美名を用いて急速に進められ、今日の企業は「一瞬も手を抜けない」余裕のない運営を迫られています。

少しでも業績が落ちれば、あるいは同業者との相対的地位が下がれば、国際的金融資本や多国籍企業の格好の餌食になり、「乗っ取り」や「吸収合併」という潜在的脅威が現実のものになるからです。

それに伴うストレスは、企業のトップから末端の従業員まで及びます。それだけでなく、「非正規雇用」の比率がますます高まり、社会の不安定化も加速されます。

 

――恐らく、最も強力なマインドコントロールは、人の信念を操ることでしょう。

その要諦は、人々の行動に関わる理解や教育を操作することでしょう。そしてあなた方の政府は、あなた方の信念を利用して、それを彼らが目的とする型枠にはめ込む手法に熟達しています。

 

これを私がいる領域から、非常に鮮明に見てきました。

政府が他国を支配しようとしたり、他国に影響を与えようとする際に、名誉や義務や愛国心が、広告宣伝マシーンの駆動剤としてよく使われます。

その動機は決して利他主義に根差すものではないことを、心得ておいてください。

表面的には、あなた方の政府が、ある国を解放して彼らが民主的な国家を建設するのを支援するという、最高の目的を追求しているように見えるかも知れません。

しかし考えてみてください。彼らには彼ら独自の動機があり、あなた方の信念とは必ずしも相容れないのです。

 

――あなた方は、あまりにも広告宣伝に反応するように条件づけられているので、政府の組織的宣伝活動に対して、そして或る手順でコントロールされている報道に対して、無感覚になっています。

あなた方は、自由な報道機関を持っていません。

抜粋/カエサルだから言える―組織的な宣伝活動にはめられて自分を失う現代人

 

私たちが個人として、このような「ストレスプログラミング」から離脱するには、まず実情を正しく認識し、その上で確固とした「自分の意思を持つ」必要があるでしょう。

今回メッセージの別の箇所で創造主が、こう言われるように。

――今こそ、あなたは自分の立場を明確にするべき時です。

 

◆マトリックスの外の世界は、このように進行している

このタイトルについてご認識いただく一助として、高次元からの次のメッセージの抜粋を以下に掲げます。

創造の光―テラと神々様からのメッセージ 2016517日)

 

――私の変動が どうしても必要な時に至り
創造主の指示通り 完成に向けて必要最小限の度合いを保ち
動きを活発化させていただいております

みなさま方の祈りの力は大きく
私も その祈りに支えられ
ともかくも 新生テラを目指し最後の仕上げを急いでいるところです

テラの未来は そのまま テラの住人たちにつながり
大切な永遠の光り輝く世界の足場となり
喜々とした みなさま方はじめ 生命ある万物の憩いの場となりましょう

テラからのメッセージ

 

――テラへの愛を深めましょう
美しき緑あふれ 大自然の恵み豊かなテラを取り戻そうではありませんか
創造主のおもいが成し遂げられた暁には
心豊かな神の子となりし みなさま方が地上にあふれ
神と共に つつがなく日々を送ることになりましょう

マスター・クートフーミからのメッセージ

 

――おのれの感覚では計れない何かを 神がお示しくださっている
地球上に起こっていることを 他人事とするのではなく
その現実を おのれのことと受けとめて 神の子として祈りを捧げる
おのれの中にもあると認めて祈る
その心境に至ることが 私どものお役目かと思うのです

クシナダ様からのメッセージ

 


【関連】

造主は「ヤミ勢力の支配」を超越して新世界へ至る道を示された

新世界への扉―創造主

カエサルだから言える―組織的な宣伝活動にはめられて自分を失う現代人

 

[このページのトップへ戻る]

[トップハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2016 Eisei KOMATSU