HOME/アセンション

 

Q&A’16d1・「ガイア・アセンション」シリーズ

【目次】

(16/05.08) 創造主は「ヤミ勢力の支配」を超越して新世界へ至る道を示された

 

 

(16/05.08) 創造主は「ヤミ勢力の支配」を超越して新世界へ至る道を示された

(Q) 小松様、こんにちは。

毎日、ホームページを拝読させて頂いております。

 

新世界への扉 - 創造主」と「歓喜と共に主神の恩恵が花開く時」を読ませて頂いた時に、いよいよかなと感じておりました。

小松様が言われる高次元とこの三次元の時間間隔の差はあるとしても、確かに残り時間は極わずかと感じております。

 

毎日宇宙から地球全体の政治・経済・地球環境を眺めていても、もうどうにもならないという印象です。

特に地球の完全なる浄化は避ける事が出来ないと思っております。

私の現在の周りの環境で人々の様子は、

 

@現在の地球の全ての状況を真剣に観察して、辿り着くのはアセンション。

進化を希望するならば、この状況からの脱出は高次元の地球に移行する道しか存在しない。完全にマトリックスの脱出に成功している。

 

A、@に気づいて間違った思い込みを訂正し、個人的な取り組みを実践する日々を送っているが、闇勢力が構築したマトリックスの脱出には成功していない。

 

B何だか社会や地球がおかしいとは気づいているが、自分で色々調べていないので、闇勢力のマトリックスとアセンションという世界には辿り着いていない。

 

C何も特別な事は起こっていない。

 

こんな感じなのですが、@は皆無に近い、Aは極わずかですが存在します。

BとCが大多数を占めている。

 

私の現在の状況は、この所、幾度ににわたり高次元のメッセージにあるマトリックスの脱出には成功しておりません。

ですのでAになります。

 

今年に入り特に実感しているのは、もう嘘はつけない。

特にマトリックスの世界での嘘はつきたくないし、つけないという印象です。

そうしますとBとCが大多数を占めている私の環境では、変わった人、頭がへんになった人という印象ではないでしょうか。

特に残り時間が少ないと思っておりますので、試行錯誤しながら、周りの方に気づいてもらおうと伝えているのですが、なかなか難しい現状です。

 

そこで、先月マトリックスの脱出を試みましたが、失敗に終わりました。

8年近く自分なりに調べつくしたマトリックスが、闇勢力が都合の良いように構築した社会システムと解っているのですが。

まだまだ私自身は完全なるアセンションの道へは辿り着いていないようですが、此処まで来ましたのであきらめてはおりません。

 

日々の天候の変化も異変を感じておりますが、自然界の生き物は元気いっぱいに生きていますね。

おそらく、自然界の生き物達が最終的には知らせてくれるのかなと思っております。

最後の移行の瞬間まで、自分なりに納得できるように日々過ごしていきたいと思っております。

いつもありがとうございます。

 

(A) 拝見しました。

あなたの、アセンションへの真摯な取り組みには、いつも感服しています。

 

このメールの内容に関して、あなたが「8年近く自分なりに調べつくしたマトリックスが、闇勢力が都合の良いように構築した社会システム」と言われるのは、その通りでしょう。

この世界では、独善的な性向を持つ個人や組織や団体が、急速にヤミ勢力が仕掛けたワナに囚われて、「彼ら」の支配下に組込まれていくようです。おそらくそのほとんどの関係者は、それと知らずに。

 

「彼ら」自体も独善的でエゴイスティックな本質を持っており、その中核の存在たちは少なくとも知能のレベルでは地球人を大きく凌駕しているので、同種の波動傾向を持つ者を操縦する術に卓越しているのです。

そして残念ながら、そのような独善的傾向を持つ者が人類社会の中で支配力を持っているのが実情なので、私たちの外に見える部分では、世界全体が「ネガティブ色」に染め上げられていくようです。

 

ここでの救いは、創造主ご自身が下に引用したメッセージで「あなたの周囲で跳ね回っているこのマトリックスのモンスターたち」と言われるように、この世界の実情を的確に認識されていることです。

これは、ヤーン(JJKJahn J Kassl)たちがウィーンで2016129日に催した「公開チャネリング」の予告に併せて創造主より送られてきたもので、その案内の中に掲載されているものです。

その全文は次です。

 

壊滅されるヤミのエネルギー

 

創造主からのメッセージ

 

自らの壊滅可能性に対するヤミの勢力や存在たちの反応は独特で、自らの変容によって対処しようとはしません。

 

光への変容を避けよとする者は誰でも、変容への衝動を拒絶して、可能なかぎり破壊的行為を続けようとします。

 

しかし、そのような者が自身の破滅に直面すると、逃げ退きます。

エゴイストにとって最も貴重なものは自分のエゴなので、もし脅威を感じたら行動を変えます。

ここでは彼らが発しているエネルギーが正確に答を出しており、それは自身の破滅への純粋な恐怖で、それが彼らを退却させるのです。

 

そして同様に理解しておくべき大切なことは、この時期には彼らの攻勢がますます大規模になることです。

それは結局のところ、このレベルでのヤミエネルギーのサバイバル以上のものではありません。

あらゆる手段を尽くして、彼らは生き延びようとするわけです。

 

この先では皆さんの使命を、もっと毅然として明白なものに練り上げる必要があります。

決して、「破壊的行為」とそれによる状態の悪化に尻込みしてはいけません。――それは皆さんにとって不健全で耐え難いことです。

天の勢力に助力を求めましょう。――例えば、あなたの傍にミカエル大天使を呼べば、あなたの周囲で跳ね回っているこのマトリックスのモンスターたちから、迅速にそして完全に解放されるでしょう。

 

神です

 

当日のドイツ語の案内には、5項目にわたるスケジュールとトピックスが掲載されており、その中にはサナンダ、エルモーヤ、サンジェルマンなどのマスターたちに加えて、創造主自身も参画される「地球規模の難民問題」を論じるプレゼンテーションもありますが、当日の「締めくくりのメッセージ」は、私のサイトに既に掲載してある次です。

 

新世界への扉―創造主

 

上掲した「予告」に併せて送られてきたメッセージと、この「締めくくりのメッセージ」とのつながりを、どう解釈するべきでしょうか。

予告のメッセージを読んだ少なからずの方が、「ヤミ勢力の地球支配」の詳細が、創造主によって語られると期待したのではないでしょうか。

しかし、ご覧いただいたと思いますが、このメッセージ(つまり「締めくくりのメッセージ」)では、「ヤミの支配構造」については、ほとんど気づかない程度に示唆されているに過ぎません。

 

むしろ創造主の真意は、3か月弱の休止期間をおいて今年最初に(20163月初めに)送られてきた次のメッセージでしょう。

 

地上天国への歩みは、すべてを私につなぐたけでよい―創造主

 

そして上の〔新世界への扉〕のメッセージは、このメッセージ〔地上天国への歩み〕を受けた、対になるメッセージとみられます。

おそらく創造主の深いお考えは、「この世界の真実(ヤミ勢力による支配構造の存在)」から目を逸らさないことは大切だとしても、着実に新世界への歩みを進める近道は、それらへの関心に深入りすることではなく、〔地上天国への歩み〕で伝えられたこちらでしょう。

 

――世の中に巣くっている問題も 確かに山積みであろう
しかしながら 今 何より大切なのは
おのれが わたしの元に立ち返れているかの確認である

 

このように、私たちに必要なことは既に十分に伝えられているので、あなたがおやりになっているように、これまでに創造主を含め高次元から伝えられているメッセージを自分なりに統合して、確実に自分のものとして消化吸収し実践に結び付けていくことでしょう。

 

ご参考までに、ここまでの議論の結びとして、〔新世界への扉〕のメッセージの要所を引用してみましょう。

 

――必要とされたことは「このゲーム」の本質を見抜くことで、あなたはその明察を得ます。

忘却を生きる境遇を脱して、思い出すべきです!

 

  どうか、これを知ってください:

この世界でいま起こっていることのすべてが、あなたが思い出すのに役立ちます。

――それは、本当の自分は何者で、実際には何をするために地球へやって来たのかということで、そこに各自の独自性があります。

この大変動が根本的なものであればあるほど、自分の人生の意味を探ろうとする願望は強くなります。

 

この疑問に対する答の手掛かりを拾い上げた人は誰でも、本当の人生への扉が開き始め、光への道に入ることができるでしょう。

あなた自身の完成によって、この地球での奉仕活動は完結します。それが、このところ起こっていることです。

 

――これまで「舞台装置の背後」に隠されてきたものが、今や皆さんに明かされます。

良くも悪くも、それは明かされる必要があり、それによって各人が目覚めるか、または幻想の世界に留まり続けるかすることが出来るのです。

 

――人生に神を持ち込む意味は、あらゆる瞬間に私が存在することによって新たな洞察が助長され、有害な影響力が手放されることです。

 

――そのために必要なことは、あなたの人生のガイダンスを、私に委ねることだけです。

そうすればすぐにも、あなたは私に融合して、導かれる者と導く者とが離れることはなく、同じ道を同じ目標に向けて歩み、あなたは目標に到着できるでしょう。

 

ちなみに周りの方々への働きかけに関しては、例えば、この1年間に高次元から送られてきたメッセージの中から、あなたが適当と思うものを23選んで、ご推薦アイテムとして紹介するのが良策でしょう。

それらを読んで何も感じない人や、表題を見ただけで敬遠する人は、ご本人の本質が(つまり魂のレベルにおいて)この世界への関心や執着が強く、(たとえ地球が高次元の星になるとしても)別の宇宙の別の惑星で、もっと多く三次元世界の体験を必要としているということでしょう。

したがって、どこかの段階で「人による目指すものの違い」を見極める必要があると思います。

そして、「自分自身の完成」と「地球への癒し」に、より多くのエネルギーと時間を充てるのが賢明だと思います。

 

以前のメッセージに「13%87%」というのがありましたね。これは世界全体のことです。

日本の場合、何の因果か「高度情報社会」になってしまって、人々のテレビや新聞やネット情報への関心が異常に強く、「外からの情報」という「このマトリックスのモンスター」に操られる程度が極めて大きいので、この数値は「13%より遥かに小さい」でしょう。

まさに「情報大国=混迷大国」です。あなたが感じておられる通り、目覚め始めた途端に「混迷」にはまり込んでしまう「仕掛けが出来て」います。

しかし、それ自体も個人の選択です。選択の余地は、常に平等に存在しています。

 

(Q) 小松様、いつもありがとうございます。

今回の熊本の地震でもそうでしたが、私の地域からわずか200Kmしか離れていない地で、このような大規模な地震が発生いたしました。

発生後、数日は地震に対する意識が私の地域でもそれぞれあったのですが、それが現在は何も気にかけていない、何か別な国の出来事というような、か なり悲しい以前の意識に逆戻りの状態です。

これが闇勢力が構築したマトリックスの力と思います。

 

出来ることなら、地球上で頻発している自然災害への備え、そして更に踏み込んで一番重要な何故このような自然災害が多発するのか、そしてその原因が闇勢力の構築した社会システムにあるとしても、私達一人一人の意識の目覚めの遅れ、そして「この先に何があるのか」と言う風につながってほしいのですが・・・。

 

この「壊滅されるヤミのエネルギー 」の印象では、ほとんど全ての地球社会の分野で、ヤミのエネルギーに影響されていない分野を探しても見つからないほど完全に、地球支配が構築されていますね。

という事は、高次元のメッセージにあるように、この地上には何も残らない。残る事が出来ない。

 

ここ最近の私の個人的な感覚では、活発な火山が多いせいかもしれませんが、以前とは格段に何かが違う雰囲気、重い地球の波動でステージが更に上がっております。

 

ですので、少しでも多くの方が、「地球への癒し」と「新星地球への移行」に気づいて頂けるよう、エネルギーを最後の時間まで注ぎたいと思います。

 

何人かの方にお送りさせて頂いた、『Harmonic Space―無限の光』の「祈りとヒーリング」は幾人かの方が、凄く心が落ち着くと言われておりました。

本物の力とは、本当に凄いですね。

 

この世界を探求しだし始めたころ、何だか世の中がバカらしく感じておりました。

そして、何故私は此処に存在しているのか?という疑問にぶつかり、何しに地球に来たのかと考え、その答えとして、この世界のことを伝えようと思い、自分なりに 試行錯誤しながら、それを行動に移しました。

 

この「13%対87%」と言う数値、そしてこれは世界全体のことで、「日本は13%には及ばない数値」も自分でもかなり明確に理解できます。

 

この最後のステージは小松様のアドバイス通り、高次元のメッセージをご紹介しながら、あとはご本人の判断にお任せし、自分の完成へ向けて、常に創造主、精神界の方々、宇宙の同胞、自然霊、そして動植物との共存の世界を目指す。

これが私の中の新星地球ですので、イメージしながら最終章のこのゲームをクリアーしたいと思います。

当然ながら、新星地球では、宇宙でも稀に見る「お金」という不思議な形態も存在しないでしょうから。

 

今回のアセンションは結果が全てですので、気を引き締め最後まで自分なりに納得がいくように取り組みたいと思います。

いつもありがとうございます。

 

【関連】

人類の黄金時代が始まった―創造主 20154月)

「すべては神の御業」の中でヤミにどう向き合うか 20159月)

頻発する「地球変動」の緩和へ今こそ天賦の力を結集する時 20164月)

 

[このページのトップへ戻る]

[トップハイライト全容]
[ホーム

Copyright© 2016 Eisei KOMATSU