HOME/アセンション

 

Q&A’16g3・「ガイア・アセンション」シリーズ

【目次】

(16/08.24) 人間関係が変化しました

 


(16/08.24)
人間関係が変化しました

(Q) 小松英星さま
残暑お見舞い申し上げます。

今日からは立秋、暦の上では秋のはじまりですね。
外は夏の日差しが強いものの、朝夕の風は涼を感じます。

 

先日、ふと「聖なる予言」(角川文庫)を手にとり、第9の予言の項目を読み始めました。(この本での最後の予言)
1995
年以降、この本を幾度と読んでおりますが、次の箇所だけは最初に読んだ時も、その後にも全く理解できずちゃんと読めずにいた項目でした。

ところが、今日読んでいると、いまのじぶんの生活的だな・・と、頭での字面の理解を越えて、納得しているじぶんがいました。

・地球にいるのは霊的進化をするためにいることに気づく
・そのことに気づくと生活様式を変えることになる(変わることになる)
・生活ペースは遅くなる
・何をする為に生まれてきたかに気づきだす為、仕事を変え始める
・自然の多い場所に住み、都市へ簡単に行ける場所に住む
・直観に導かれ、すべての人が何をいつすべきかを知り、それは他の人と完全に調和している

 

この物語を知ってから、20年の月日が流れていますが、人の進化というのは凄いものだ・・・。と。
そして確実に進化しているんだと客観的に知りました。
当時はこの部分いついて、「理想の絵空事」とフィクションだ。と思っていたのです。


小松さまがガイアアセンションに執筆下さっていること、CosmicAwarenessの語られていることと、ほぼ同じであることにも、気づき、ああ、これは「アセンションのみちしるべ物語」だったんだ。
と今更ながら気づきました。

 

***

以下はAI化が進むにつれ見えてくる世界なのかしら?と想像もしました。


・オートメーション化され人間がその分働く必要がなくなり、そのエネルギー分を自己内省、自己探求に費やされる


以下はまだ「???」という感じですが・・・。

・波動が高まるとそれより低い波動の人から姿が見えなくなる

いずれ理解できる日がくるのでしょうか?

***

ちょうど並行して、わたしの在り方(時間の使い方や食べ物のこと、またそれに伴う変化)が人によっては「奇異」もしくは「信じがたい!」もっと言えば「信じたくない!」と感じる人もいるのだな〜ということに気づきはじめました。


先の不安や恐怖を描くことすらできない、頭の回路がすっかり変わったぽかーんとしたわたしに、大変ありがたくも驚くようなお仕事を頂戴したり、マイペースにセッションを開いたりと、わたしにちょうどよいエネルギーをまわして頂いているのです。


そのような気楽な「今しかみていない」わたしを理解しがたいのか、「わたしはこんなにも働いて忙しい!」「まるで仙人。修業してるみたい・・・」というような、これまで感じなかった、どこか排他エネルギーを感じ驚きました。


わたしの生活は修行とは程遠いもので、のんびりした風のような暮らしです。

長年、精神的進化の話をよくしてきた人だったので、「なぜそういった表現になるのだろう」と少し寂しい気持ちも湧きつつ、
本人が幸せであればそんな表現を使わない気もするので、「全然、修行でもなく、体の声を聴いているだけで、頭からっぽなの。」と。


わたしから見ると忙しいことが「自己価値」に繋がると隙間なく働き、ストレスを一身に浴びながら、忙しさのストレスで大きな買い物をして「ああ、また稼がなきゃ・・」とつぶやいている方が「修行」に見えるなあ。とわたしはわたしで感じるものの。
それぞれにそれぞれの尺度、世界があり、それが歓びなのかもしれないですね。

 

創造主は「ヤミ勢力の支配」を超越して新世界へ至る道を示された】のQAでもお答えされていたように、

どこかの段階で「人による目指すものの違い」を見極める必要があると思います。

そして、「自分自身の完成」と「地球への癒し」に、より多くのエネルギーと時間を充てるのが賢明だと思います。
ということなのか。とも思いました。


口では「愛」が・・という人も、わたしの感じるところ、「恐怖」「不安」「競争」がベースで動いているんだな・・・と気づきました。


知識と経験は違うのですね・・・。
経験していないことはどうやっても頭での理解を越えられないのも、それは仕方ないことだよな。とも思いました。
以前、わたし自身、前述の「第9の予言」が全く理解できなかったように・・・。


****

また一方で、忙しすぎる今の生活スタイルに充実と共に、どこかで疑問を感じている方は、
「あなたみたいな生活している人はほとんど周りにいない。いいなと思う。体の声をちゃんと聴いてそれに素直に生きているのって理想だよ。」
「話している時、何か光をまとっているみたい。宇宙と繋がって動いているように見える」

と何らかの+のエネルギーを感じてくださる方もいらっしゃいます。

これまでも、人間関係は大きく変わってきましたが、進化し変化していくに連れ、人との関係も変化していくのですね。
新たな人間関係もまた生まれていくということなのでしょうね。
当たり前なのですが、ああ、これもまたリアルな事象なのだなと思いました。

 

****

本当のことを何の気なしに語る(姿がそうなので口を開かなくとも)こと、あまりよくないのかしら・・・とも思ったりもします。
人を選んで敢えて「エネルギーを低くする」ことも必要でしょうか。

(これは度々、特に男性の上司やマウンティングしてくるタイプの方に感じることと同じですね。フルな状態でいると叩かれ攻撃されては困惑、その後、こちらから離れるをしてきました。)


つれづれになりましたが、体験をシェアし、共感を頂ける方が変化してきているので小松さまにシェアさせて頂きました。
長文、最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

(A) こんばんは。

ジェームズ レッドフィールドに関連して思い出したことは、十何年か前に帰省したとき、姪(兄の娘)が結婚する前に使っていた部屋に残したままになっている蔵書の中に『第11の預言』があるのを発見して、意外な気がしたことです。

日頃は、そういう方面に関心があるようにはみじんも見えなかったので、人は外見だけでは判断できないものだなと思いました。

 

ところで、お話の「人間関係の変化」に関しては次のメッセージで、ほとんど完璧に説明されていると思います。

本当の望みは何ですか?―サナンダ

 

したがって、この先でも変化自体は進行するかと思いますが、あなたの場合は、今の路線をお進みになれば心配いらないでしょう。

 

(Q) お忙しい中お返事ありがとうございます。
ご紹介頂いたリンク先、もう一度声に出して読みました。
すっきりしました。ありがとうございます。

わたしの内側から変化したから、これまで見えていた人間関係に感じる心象風景が変わり、このひと月、どことなく昔の景色を見ているような感覚が生まれたのも事実で「これまでと違う新しい人間関係を築きたい」と感じはじめていたのでした。

アドバイス頂いた通り、今の路線を進みながら変化の中の自己を感じつつ流れに身を任せて参ります。

先にお知らせ頂きました
ペルー・アンデスで続く現実創造の、
まずお金を調達してから事を始める、のではなくて、考えと想い、発言と行動を一致させて事を始めることによって宇宙がすばやく動くのです

読んでいてわくわくしましたし、サーフィンで進むような明るい「風」のエネルギーを感じました。
わたしがこの春以降に感じている同じようなエネルギーの流れを感じとてもうれしく思いました。

発言と行動が一致したときに動く宇宙の真理なのですね。
このような感覚を共有できる人たちと、わたしも実生活で出逢っていきたいと思います。

早くも8月後半。
2016年も残り4か月少しですね。
過去にこれほど早い一年はなかったようにおもいます。

【関連】

みんなで支えてきた「幻想ゲーム」を卒業する時―サナンダ

「しらけ」に浸って「ネガティブ」に至る危険

 

[このページのトップへ戻る]
[ホーム

Copyright© 2016 Eisei KOMATSU