HOME/アセンション

 

Q&A’17d3・「ガイア・アセンション」シリーズ


(17/04.09) 睡眠障害、不眠、睡眠薬について

(Q) 小松先生

お世話になっております。

歯周病の件、適切なアドバイスを戴き、感謝しております。

おかげさまで、歯の調子は治まり、安心しました。

その節はありがとうございます。

 

実は、もう一つ健康面で不安があるのですが、ご意見を聞かせて戴いてもよろしいでしょうか。

それは、睡眠障害、不眠についてです。

 

過去に、母親が医療機関でもらってきた、マイスリーという睡眠薬(日本の医師は、お年寄りに気軽に出すようです。)を、間をおいて、5、6回ほど(10回未満)、頓服的に服用したと思います。

 

先日も、いろいろと考えすぎてしまい、どうしても眠れなかったので、服用してしまいました。

が、次の日に頭痛がします。何となく、敗北感を感じています。くやしいです。

 

精神薬の害悪はいろいろな所で聞かされており、物理的に脳をいじるという精神薬は、絶対に飲んではいけない、と戒めているのですが、睡眠薬は、割と気軽に処方されます。

 

ですから、何となく、警戒心が下がり、ふとしたことで、飲んでしまいました。

ですが、よくよく考えると、睡眠薬も、脳に何らかの物理的な作用を及しているのであり、非常に危険な気がします。

 

内海聡さんや、船瀬俊介さんなどは、睡眠薬にも非常に厳しい意見を持っており、一度でも飲んではいけない、と言われます。

まだまだ闇勢力の支配下にある、このご時世、医療自体も100%信じきれず、医者まかせにはできない時代です。

(が、睡眠薬は盲点でした。自覚が薄れており、反省しています。)

 

私は、心療内科などにかかったことはないものの、真面目、神経質、こだわりやすい、粘着質、という性格をしているので、ノイローゼなどの神経症にかかりやすいタイプだと自覚しております。

ですので、対処法を知っておきたいのです。

 

23日睡眠がなくても、死ぬことはありませんよね。

睡眠薬を飲んだ方がむしろ、寝ないよりも危険でしょうか。

 

先生は、睡眠薬に関してどう思われますか?眠れない時などはどうされておりますか?

睡眠に関して、何か良いお考えはありますでしょうか?

 

自分が、いつも受け取るばかりで申し訳ございません。

私も、自分が神より戴いた持ち味を、人に与えられるように精進いたします。

私は、あらゆる面で健やかな人を目指します。ありがとうございます。

 

(A) 拝見しました。

私は、いつでも何処でも眠れるタイプだから、ご質問にはあまり適任でないようです。

高速道路のパーキングエリアで、10分間と決めて仮眠をとったりします。会社勤めをしながら山登りに興じていたころは、夜行列車の座席下に新聞を敷いて寝ました。

とはいっても、あなたへのアドバイスが多少はあります。

 

まずは、ご自分を定義することを一切おやめになることをお勧めします。つまり神を見習うことですが。

自分を定義すると、そのような自分で「なければならない」という潜在意識が常に働くので、前進の妨げになるだけで、いいことはありません。

ご存知と思いますが、神は、自分の「子供(分霊)たち」全員の実体験を刻一刻吸収しながら、自らも進化していく存在です。つまり「変化自在」をモットーとされているのですね。

神が絶対にやらないことは、自分を定義すること、そして最も嫌いな言葉は「停滞」でしょう。

 

――進化するすべてのものは、何らかの形で神の許しを得ています。あなた方にはこれは理解しにくいかもしれませんが、神というのはどこかで玉座に座り、あなた方が目にするすべての側面を創造しているわけではありません。むしろ、神の前で計画が示され、神が許可を与えます。

こうした個々の人々つまり個々の魂は、自然法則と考えられている、従うべきこの手引きを使って、自分のアイデアを生み出し、自分の創造物を生み出します。そして神はこのすべてを楽しむのです。神はそれに参加しています。神はそれを見、それを承認し、それがよいものであることを実感します。

 

――神はこうした創造のすべてを行いますが、それは魂が実は「神の小片」である、という意味においてです。ですからここで私が言おうとしているのは、奇妙なことではない、ということです。神は創造を行うのです。神は、個別化した存在として現れた自分の小片を利用します。それがすべてです。

ガイアからのメッセージ2

 

――そしてほとんどの人がそれはゲームだということを忘れて、そのような情熱やコミットメントを携えてそれぞれの役割を担っています。しかし、どんなものでも良いゲームなら、そうしたものではないでしょうか?

あなた方は、考えつく限りの嗜好を総動員して、あたかも他には何も存在しないかのように、最大限に楽しみながらゲームに打ち込みます。実際にその時は、他には何も存在していないのです。

まさにそれが、あなた方がこれまでやってきたことであり、あなた方一人残らずそのようにやってきたのです。

そして私はこのゲームを、驚異と喜びをもって観てきました。私のこの上なく美しい創造物によって、それほどまでの情熱を持ってプレイされているこの生命のゲームを観てきたのです。

創造主 アセンションと2012年を語る@

 

他には、例えばB7A6程度のメモパックと鉛筆を枕元に用意しておいて、暗闇で寝たまま、または淡い照明かペンシルライトなど最小限の照明で、気懸りなことをすべて書き出すようにします。

頭の中が空っぽになれば、寝つきが良くなるでしょう。

私もそれに似たことをやりますが、私の場合、夜中に目覚めた時に最も良い着想が得られることが多いからです。その延長で、起きて仕事をやることも少なからずあります。

 

一般的な不眠対策については、Webに色々な情報があるので、それを試されるといいでしょう。

例えば、ゆっくり呼吸しながら吸う息、吐く息「だけ」に意識を集中すること、そして絶対にやらないようにすることは、@意識を他に移すこと、A呼吸をカウントすること。

これなどは、いかがでしょうか。

 

日常生活に関しては、これに気をつけましょう。

・毎日必ず(部屋の中でも)多少は呼吸が苦しくなる程度までの運動をすること。

・パソコンやスマホ浸りにならないこと。

・時間があれば、なるべく外に出て自然に浸る時間を持つようにすること。

 

ついでながら、次も参考にしてください。

もう 待てぬのだよ 最終章に入る時が参った―創造主

 

(Q) 一緒に布団を並べて寝て、数分後には、いびきをかいているという友人がいましたが、いつでもどこでも眠れる方は羨ましいですね。

毎日、思い残すことがない日々を送れれば、どんなに素晴らしいか、と思います。

 

山登りいいですね。兄弟が山登りが好きなのですが、割と達成出来そうな目標として、比較的近隣の白山あたりに挑戦してみたいですね。

 

社会の刷り込みもあるとは思いますが、確かに、無意識に自分を定義しているため、“〜でなければならない”という固定観念に嵌まり込み、本来、自由自在で、いかようにでも、どのようにでもなるものを、“自分が”固定化して止めてしまっているようにも感じます。

 

日本の社会は、調和を大切にするという面はとても素晴らしいのですが、行き過ぎると、自分たちの決められた世界から出る杭は打とうとしたり、無意識に自分達の領域に引き込もうと、無言のプレッシャーをかけてくる所があるように感じます。

 

その反面、大きく出ると、無視するか、スルーするところがありますので、無理に常識に合わせようとしなくても、本当は、生きる道は無数にあるようには感じます。むしろ、かえって伸び伸びと生きていらっしゃる方もおられるかもしれません。

 

非常識に生きろとか、変わった生き方をしろとか、周りと調和しないで生きろとかいうことではなく、いわゆるやることはきちんとやった方がいいとは思うものの、だからといって、そ の先がどうなっていくかというのは、本来、わからないのが本当なのだと思えます。

 

確かに、“停滞”が良くないですね。自然界のエネルギーは常に動いていて、人間の体も吸ったりは吐いたり、新陳代謝は常にしているわけで、“停滞すること”自体が、自然体ではないですから、本来の持ち味が出せなくなってしまうように感じます。

 

なかなか理想どおりにはいかないとは思いますが、

@人間本来の自然なあり様で過ごせるように気を配ることと、

A神の分霊なのですから、神の在り方を真似出来るように、心がけようと思います。

 

自分本来の持ち味が、無理のない形で、自然に引き出せるように

・停滞は避ける。

・自分を定義しないことを心がける。

・変化自在を心がける。

・短時間でも、呼吸が苦しくなるまで運動して、体に負荷をかける。

というスタンスで、しばらくやってみようと思います。

 

メッセージを拝読して感じるのですが、神は、私たちを通して、ご自身を現したいのだと思います。

それに逆らわない生き方がしたいです。

 

いつも誠実に対応してくださってありがとうございます。

 

(A) 部屋の中でもできる運動のことですが、次を参考にしてください。

体調不良はアセンションに関係?

 

この中にある(4.)については、一般にスクワットと呼ばれている方法でもいいでしょう。

この場合、両腕を前後に振るようにすれば、リズミカルにできます(一貫してベタ足で視線を水平に保ち、思いっきり「へっぴり腰」を作りながら、上体を最も沈めた時に腕が水平になるように後ろから前に振る)。

なお、この質問者は女性ですが、あなたの場合は1.5倍ぐらいの回数を目標にするといいでしょう。

 

[このページのトップへ戻る]
[
Q&Aハイライト全容]

[ホーム]

Copyright© 2017 Eisei KOMATSU