Q&A’15s・「ガイア・アセンション」シリーズ

【目次】

(15/09.10) 「すべては神の御業」の中でヤミにどう向き合うか

 


(15/09.10)
「すべては神の御業」の中でヤミにどう向き合うか

(Q) 小松様

いつもお世話になっております。

830日に示されました夢とメッセージを掲載させていただきました。

 

すべては主神の御手の中に

     ⇒http://finale11.blog.fc2.com/blog-entry-42.html

  

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(A) ありがとうございます。

拝見しました。

 

夢の中の出来事ですが、素早く状況を察知して、恐怖に陥る前に思いを切り替えられたので事なきを得たのですね。

いわば夢の中で「予行演習」をされたようなものでしょう。

ちなみに、船が垂直になって沈んでいく場面は、「映画タイタニック」の描写にそっくりだと思いました。

私はタイタニックの史実を調べたことはありませんが、この映画はストーリーはともかく沈没場面の描写は、なかなか真に迫っているという印象を持っています。

 

何の予備知識も持たない人は、なかなかそのような「思いの切り替え」は出来ないでしょう。

そこで、スサノオ神の「おのれのみが 天国の住人となるのではないぞ」「おのれにつながるすべてのものと共に という意識を忘れるでないぞ!」というメッセージに、改めて考えさせられるものがあります。

ここにある「おのれにつながるすべてのもの」は、「(前生から今生に及ぶ多数の先祖たち)」にも「(今生で得た親族や友人・知人など)」にも、無数の繋がりが考えられます。

 

そこで第一に、「なぜ今の地球が地上天国でないのか」「なぜアセンションが必要なのか」ということです。

これは多くの高次元メッセージで伝えられているように「地上天国」を実現する前提として、周辺宇宙にネガティブな波動を撒き散らし続けている地球世界を変え、地上の人類を「牢獄から解放する」必要があるということでしょう。

それは、この世界における「ヤミの支配構造」を抜きにしては、説得力のある説明は難しいと考えています。

つまり、「世の中はこんなもの」と信じ込まされている人々は、あらゆる現象の裏にあるヤミ勢力の存在に考えが及ぶことはなく、「地上天国など夢のまた夢」という程度の思いを超えることはないと見られるからです。

したがって、例えば「彼ら」が表舞台に躍り出て(裏からのコントロールでなく)あからさまな行動を始めると、恐怖に駆られて何も考えられなくなり、「思いを切り替える」どころではなくなるでしょう。

 

第二に、この宇宙で唯一の神、つまり根本創造主との「天与の個人的つながり」を確信する前に、「神」に関する既存の様々な誤解を解きほぐし、それを超える必要があるでしょう。

それを実現するには、現世界で多く見られるような「私たちの神」を信じ愛する(そして「他者の神」を排斥する)だけでは不十分で、すべての「いのち」との一体性を信奉できるようになることが大前提になるはずです。

この「解きほぐし」は、例えば、宇宙の同胞や高次元マスターたちへの関心を追求していき、彼らの「神(根本創造主)」への信奉に同化して確信を得るという近道もあります。

しかし、そもそも宇宙の同胞や高次元マスターたちの存在そのものを知らされる機会のない人々は、こうしたルートとは無縁であり続けるでしょう。

 

残念ながら私たちは「きれい事で済まされない世界」を生きているので、この世界の本質を正しく認識していなければ、この先で起こり得る激動に即応できない極めて危うい状態に置かれていることになります。

すべてを認識して自分の進路を確立することが先決で、その上で惑星地球の現段階で「神に全託する」ことの重要性を確信できるようになるべきでしょう。

これは、地球世界の実情を考えると、「自分の神」を持つ人にとっても持たない人にとっても、容易なことではないと考えられます。

 

望ましくは、この世界で決して「公式には」知らされることのない「多次元宇宙という広大な円環」の、どこか一か所でも手がかりを得れば、「(地球の3次元世界を含めて)すべては繋がっている」ので、それを突破口として広大な「宇宙の真実」に目が開けてくるでしょう。

宇宙の同胞や高次元マスターたちが、特にこの世界の二極性を、つまり光とヤミの実在を様々な角度から伝えてくれるのは、そうした配慮に基づいているとみられます。

ここにいう「広大な円環への手がかり」は、例えばUFOや宇宙人、アトランティスや超古代文明、オーブやクロップサークル、JFK暗殺や9.11、ケムトレイルやHAARP 等々、何であってもどれか一つを徹底的に探究することによって得られると確信して、そのように勧めているところです。安直に得られるネット情報を渡り歩いて、迷路にはまる方々を多く見てきているからです。

これは、現に地球で生を持っている人々つまり「横の繋がり」に関することですが、その中の一人でも目を覚まし癒されると、その人と「縦につながる」先祖たちの全員が癒されることになります。

しかし結局は、各人が現に持っている「魂の傾向」によって決まるのかな、という印象があります。

 

(Q) 小松様

こんにちは。

ご返信ありがとうございます。

 

この度の夢とメッセージを受けとらせていただき、私も改めて、スサノオ様のお言葉、

そして、以前の「すべての救済」(⇒http://finale11.blog.fc2.com/blog-entry-38.html )にあります、

 

神のご恩寵に報いることなく 神を認めることもなく
神がおわしますことにすら気付くゆとりもなく
生きることを余儀なくされた多くの先人達のおもいを
われらのおもいに結んで表わしてくださり
主神に帰すべきおもいとして
ゆだねることを教えていただいたのではあるまいか
そのことを通し 赦され 救われたものとみなし
われらにつながる多くの先人達 万物も共に天国に迎え入れてくだされたのです

その主神の御心にお応えせず 横を向いていてはならぬのです

メシヤを遣わされ メシヤの御名にあり 主神に結ばれたものとして
すべて 一切を 天国に帰したいみ心を
われらは しかと 受けとめることが重要なのです
だからこそ 主神にゆだねましょう!
メシヤの御名にあって
まだ メシヤと出会えていない人々
その人々につながる多くの方々 先祖の方々
その代表として われらは今 ここに立たされているのです
おそれ多くも 主神のみ業(わざ) おもいを知らされたわれらは
一人ひとりが人類の代表としての自覚を持ち
愛と感謝の心を育みながら この大きな節目の時を歩ませていただくことが
最も大切な 要の生き方になってくるのではあるまいか

 

――とのクシナダ様のメッセージの大切さをひしひしと感じております。

 

いざという時に、「素早く状況を察知して、恐怖に陥る前に思いを切り替える」には、ここの所、神々様も度々「訓練が大切」とお伝えくださっておりますように、何よりも常日頃から、すべてのものを創造された唯一なる神(―主神、主の大神さま)へ向けて、祈り、感謝、賛美を捧げさせていただくことが欠かすことのできない行いであるように思っております。

 

地上天国の樹立―理想世界の実現―アセンション」を目前にして、なぜ混沌としなければならないのか、破壊的な現象が起きなければならないのか、穏やかで平和な内に進化・変容がなされないのか…。

 

地球上に様々な出来事が立て続けに起きてきておりますが
それらの出来事は 古いしきたりや 必要のない物を清算し 新文明を築くための礎を成す為に
通らなければならない道と 受けとめていただければ有り難く存じます

 

――とのキクリヒメ様のメッセージ〔HPテラ〜再生への旅〜"こころ" http://tera369.web.fc2.com/mess3.html〕も以前に届けられておりますが、小松様のおっしゃるように、現状を正しく把握し、この世界の真実を理解して、魂の覚醒への道を歩み始めるためには、その前提として「ヤミの支配構造」について知ることが必要であると思います。私も、「ガイア・アセンション」にて多くを学ばせていただき、小松様の長きに渡るご尽力に、心より感謝致しております。

 

ちょうど先日(96日)、ヤミ勢力の存在についての夢が新たに示され、主神、クシナダ様よりメッセージをいただきましたので、ご報告いたします。

 

 ◆ 「続・すべては主神の御手の中に」 ⇒ http://finale11.blog.fc2.com/blog-entry-43.html

 

先ほどのキクリヒメ様のメッセージ "こころ" の中にも、

 

神は十全と申します様に 善も悪も含めて神の成さること
破壊というお役目をされる神々もおられます由 それを素直に受け入れるという事は 簡単にはゆきません

 

とのお言葉がございますが、"ヤミ勢力の存在も、物質文明の発展のために、また、魂を磨き、成長させる為に必要だったのだから" と思おうとしましても、本当に、そう簡単に納得することは難しいのではないかと存じます。

 

今回、「続・すべては主神の御手の中に」のメッセージでは、主神より数々の力強いお言葉をいただき、光も闇も、善も悪も、すべては主神の創造のみ旨であることを、今、改めて受け入れさせていただき、恐怖に陥らず、責めたり、憎んだり、敵対したりせず、どのような状況にありましても、心の中心に常に共にいてくださる主神を信じ、ゆだねさせていただきながら日々を生きることの大切さを痛感しております。

 

私の場合は、以前に小松様がご紹介くださいました、神のメッセージ「続・地球と人類の前途を話そう―神との対話」の中にもありますように、あまり難しく考えずに、日常の中のちょっとした出来事などを、心の中で、また、時には声に出して、主神にご報告し、ありがとうございます、と "まるで恋人同士のように" 対話を心掛けることでも開けてくるものがあるように感じております。

 

例えば、負のおもいなどをおゆだねさせていただくことの他に、

「大神さま、今日は畑でナスや、トマト、オクラ…たくさんの収穫ができました。美味しいお野菜を食べれて幸せです!ありがとうございます。」ですとか、

散歩中にきれいなお花が咲いていましたら、「大神さま、きれいなお花ですね!」と共に楽しませていただいたり、

就寝前には、メシヤの御名にあって祈らせていただき、日々の主神の采配をお讃え申し上げました後に、「大神さま、今日もつつがなく一日を過ごさせていただき、ありがとうございます。眠りの中でも、完成へ向けて準備を整えさせていただき、学び、お役に立たせていただけますようお導きください。」

 など、何かにつけて、言葉でお返事をいただくことはなくても、語りかけさせていただくことを習慣にしております。

 

ますます混沌としてきております世界の中で、一人でも多くの方々が、神々様、高次元からの働きかけもいただき「広大な円環への手がかり」を探り当てることができますように。そしてメシヤの御名にあって、つながり合うすべてのものと共に、「理想世界―魂の生まれたふるさとである天国―根源である主神のみ元へと立ち返ることのできる道」を歩ませていただくことができますよう切に願っております。

 

いつも貴重なご見解をくださり本当にありがとうございます。

 

(A) 拝見しました。

続・すべては主神の御手の中に〕に出てくる夢は、この世界に生きることの危うさの象徴ですね。裏にどんな仕掛けが潜んでいるか分からないという。

 

ワクチン接種については、Thriveフォスター・ギャンブルが総力を結集したとみられる記事が最近の彼のブログにあります。

そこに出てくる統計の一例を抜粋するとこうなっています。

1.幼児死亡率の少ない34か国

 日本(2.79)で、シンガポール、スウェーデンに次いで第3位、上位には北欧の国々が多くみられる。

 アメリカ(6.22)で、この統計での最下位。

2.新生児が1歳になるまでに接種が推奨されているワクチン種と接種回数

 日本(3種、12)で、スウェーデン、アイスランド、ノルウェー、デンマーク等と並んで最も少ないグループ。

 アメリカ(7種、26)で、この統計での最多。カナダ、オーストラリア、ニュージーランドが各24回でこれに次ぐ。

 

しかしアメリカで起こることは良くも悪くも、いずれ世界に波及します。特にネガティブなものほど急速に。

――アメリカ合衆国は、最もヤミに覆われた国の一つですが、ヤミとは対極をなす個人の権利の、最高のポケットを持つ国でもあります。ヤミ勢力による地球支配の現状

 

この世界でのヤミの役割については、創造主(主神)の以前のメッセージにもありましたね。「それは私がよく存じておる」というようなお言葉が。

そして今回も、それに改めて言及されている一方で、「ヤミの神々」が暴走するようになった地球の現状に対する苦渋の色も伝わってきます。

――多くの神々が 大変重要な役割を持って
私のもと 世界で活躍しておることは確かな事実である

しかしながら また その活動により
光に満ち満ちたテラと宇宙の存在に
背を向ける輩(やから)の出没も確かに 存在するのである

善も悪も含めて主(す)の働きなのである

悪の存在を悪と決めつけてしまうと それは増長され
その想念が渦を巻いて地上を覆うのである
いかにすべきか

今回の夢にもあるように
光のイベントと称し 様々なイベントの企画もなされ
世界の各地で開催されようとしている
いかにも善人のかたまりのように見受けるとも
その皮面(かわつら)の内に潜むものを見分けることが必要になってくる
とは言え なかなか判断はつかぬ事もあろうかと思う

 

そうした中で、あなたが日常にやっておられる「神との対話」は、多くの方の参考になると思います。

それもヤミの存在を十分に認識されているからこそですね。

最新のモーセのメッセージの中にこうあります。

――自分の人生の一局面に目を塞いでいては、悟りを得ることは不可能です。

このマトリックスに存在するヤミの様相を、事実でないものとして否定する現象が、依然として光の戦士たちの間に広範に分布しています。

 

(Q) 小松様

いつもありがとうございます。

ご紹介くださいました各国の幼児死亡率とワクチン接種についての統計には、無視できないものを感じました。

 

2013年に届けられた "Cosmic Awareness" のメッセージ「ヤミ勢力による地球支配の現状」もたいへん参考になります。

 

ブログ「光り輝く世界の記憶」では、〔「最後の世」を救う主神の采配と人間の使命http://finale11.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

の中で、主の大神さま(主神)より、 

 

今 人間界において
不確かな情報 人類を混乱させようとするおもいが
最終局面を迎えようとする中でうごめいておる

しかしながら それはまた 私のある一面が表れているとも言える
宇宙に渦巻く混乱した情報の数々を収めなければならぬ

物質文明を最高度に発展させようとした中で生じた不要の物やおもいを
私の責任において収めたいと願っておる
様々な情報がある中 何が大元から出されたものなのか
それを見極めることが大切である


――とのお言葉がございましたが、この度の夢とメッセージのように直接的に触れられたのは、

「きれい事」ではなくとも、事実を事実として受けいれ、感謝でしめくくり、真実を見極めながら前へ進んで欲しい、

という主神の強いおもいのあらわれであるように感じております。

 

先程、本日ご紹介くださいました、「永遠の生への秘訣―モーセ」を拝読させていただきました。

今、このような事を再認識することが求められているのですね。

どのような状況にありましても、

 

すべては 私が背後におることを信ずることが出来れば
天国への階段が出現し
私の手が差し延べられるであろう
 

 

――との主神のお言葉を信じて、不安や恐れる心が生じた時は、その思いをメシヤの御名にあって主神にお返しさせていただき、

「誠実に、決然として、また勇気をもって」 神の愛、多次元宇宙からの愛を感じさせていただきながら歩んで参りたいと思います。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

〜心より感謝を込めて〜

 

【関連】

永遠の生への秘訣―モーセ

続・すべては主神の御手の中に

すべては主神の御手の中に

ミトコンドリアの特異な役割とワクチン接種のこと

 

[このページのトップへ戻る]
[Q&A目次]

[Q&A目次(ケータイ専用)]
[ホーム

Copyright© 2015 Eisei KOMATSU