HOME/アセンション

 

Q&A’16c2・「ガイア・アセンション」シリーズ

【目次】

(16/04.12) 自分の現実を自分で創る

 


(16/04.12)
自分の現実を自分で創る

(Q) 小松さま
おはようございます。

 

ご連絡ありがとうございます。

ちょうどわたしも3月からの、ひとつきの変化をご連絡しようとしていたところでした。

シンクロにとても嬉しく思いました。

新世界への扉―創造主活かし合う命―クシナダ様と森の精霊からのメッセージもどれもがすーっと染みこみ、嬉しくなりました。ありがとうございます。

 

本当の自分はいったい何者なのか――この激動の時代を生きる私たちにとって、これ以上に重要な認識はないでしょう。それが個人としての、あらゆる判断の根源になるからです。そして、それを伝えるのに最も適切な存在は、私たちの魂の源である創造主をおいて、他には存在しないことも確かな事実でしょう。

 

先日お伝えさせて頂きました、わたしの新たなセルフエンパワメントの取組のチャレンジ。

第一弾がまさに「自分を知る・表す・伝える」ワークショップなので、これも「よし!OK!」と嬉しくなりました。

数人に「日程」(△△日の午前中開催。あえてシステムから出、我が家近くの自然豊かな環境に足を運んでもらうことを意図)と「タイトル」だけをお伝えしたにも関わらず、積極的にご参加頂ける方が集まってきました。

 

これも「自分を知ること」を希求されている証ではないかしら、と嬉しくおもいます。

個人とグループと2側面でまなぶことにより進化が効果的に起こると直感しています。

 

ちなみに学習環境シーンをある日はカフェ、ある日は山の中へピクニック、ある日は畑。温泉など・・。

その時の季節、参加者、流れにあうようフレキシブルにしていく予定です。
季節や自然を感じ、センスオブワンダーを通じて本当のじぶんや人と宇宙とのつながりを取り戻す「きっかけ」をつくり、内側探究へナビするのが私の役目かな、と思います。

 

その流れさえできれば、後は各自で探究実践していけますよね。

 

並行し、企業向けのお仕事も、続けてご依頼を頂戴する流れがきており、多層な意味での豊かさが起こっている数日を迎え、生かされている歓びで涙が込み上げてきます。

 

ここに至るまでもシンクロの連続で協力者により外部環境が一瞬にして立ち上がり、感謝で思わず歌やダンスが自然に出ます。

 

ひとつ「怖さ」を超えると、神からの大きなギフトが準備されていると更に感じました。

そして「自分は安全である」という「信頼」に変えることで、それは現実となることを体験しています。

 

このようにして神につながりましょう―聖母マリア(下)を音読し、これらはそのパワフルさを感じた後の流れでしたので、より一層「神と自己への信頼」が深まりました

やるかどうかはご本人次第ですが、是非多くの方が音読されるとその奇跡に確信を深められるのではないかしら・・・と思いました。

 

****

ここまで大変長くなってしまいましたが、実は3月は変化幅が大きく、そして早く、ひと月前とは違うじぶんがいるということをご報告しようと思っていたところ、今朝小松さまからメールを頂戴したのです。

 

以下列挙させて頂きます。

 

【体の変化、食の変化】

21日春分巨石登山後から3日腹痛と水下痢が続いたのをきっかけに1週間軽い断食。

・よく噛むこと(ものを入れるとお腹が痛くなる為必然的に)、13食は思い込みかも。必要な時に必要な量を頂く。

 普段食べ過ぎていたことに気づく。 「家庭の新医学P 140)」にも「偽腹」とありましたがこれですね。

・舌が敏感になる。そのため、ミネラル水に変える。

・野菜は行く先ざきにたまたま産直(無農薬や有機を手頃に提供)店があるので旬のものを安価で購入。

・食べる量は少量なのに不思議とエネルギーがあり、軽く快活。

・少量でエネルギーの高いもの(いわゆる非常食)に興味。木の実、ドライフルーツ等を購入、食べるようになる。

・本来の魂とマインド、体にずれが起きると内的不快感から蕁麻疹が。一致すると治る。(嘘がつけない・・・)

・結果、体内年齢が-15歳になった。(以前は-12歳)

・開始から2週間経ち、今は普通食でたまに好きなチョコレートも食べますが、 以前と比べ、圧倒的摂取量が減ったにも関わらず、十分エネルギーが満たされています。

 

【ふと・・・思う、感じる変化】

・銀行に違和感。お金がそもそも幻想のものではあるが、銀行からお金を他所もしくは手元へ移したくなる気持ちが湧く。(こんなこと初めてです。)

父とこの週に会う機会があったのですが、

「お金という制度は無くなると思う」という話をしはじめ、これは大きな変化の前触れかしら?と思いました。

(その後スライブを観て、益々違和感が高まりました)
・時間が経つのが異常に早い。(ゆっくりシンプルな生活しているにも関わらず・・・何故?

・朝早く目覚めるようになった。日の出前。
・日の出を眺めながら、小松さまに教えて頂いた運動を毎日。とても気持ちいい!

・珍しい動物やその様子に出逢う(彼岸初日に金色のトカゲを観る。ふと行きたくなった動物園で白い孔雀が羽を広げているのを観る)

・閃きの精度がより高まり、導かれ感が強まる。答はわからなくても、答が起こってくる。

・「会いたい」と人からの連絡が急に増える。

・ふとある人を思うとその人から連絡がある。もしくは連絡したら転機になる。

(精度が正確に、そしてレスポンスが早くなった)

・「アセンションものがたり」を読んだ友達も「思い出した」ことを報告してくれ、本人の意識が本来の姿に変わった。

・肉体が無くなることの怖さが薄れる。

・地球時間感覚が強くなってきている。

・畑で作物をつくりたい興味・欲求(これまでなかった)

 

強い感覚としては、

「怖いことは何もない。この魂さえ奪われなければ」です。

 

これらの変化は、すべてが相互に絡み合っていると思います。

我ながら飛躍的な変化だな〜・・・と書いていて思いました。

数年間の変化がわずかひと月に起こった感じがしています。

 

いつもありがとうございます。

 

(A) 拝見しました。

最近の「高次元からのメッセージ」の実践的応用は、なかなかいい着眼をされていると思います。

 

また「3月の変化」のことは、僅か1ヶ月という期間を考えると、驚異的な「実験とその成果」ですね。

まさに「自分の現実を自分で創る」を「地で行く(じでゆく)」感があります。

あなたの場合は、実践に際して周りの他の人たちとの調整や了解を必要としない環境に身を置かれているので、迅速にトライアルして直ちに結果を確認できる利点もありますね。

それでも多くの方が、「あなたの成果」を参考にして、自分なりのバージョンを生み出していくことが出来ると思います。

 

なお前のメールで、「2012年の冬至に何が起こり、何が起こらなかったか」に関連して、Cosmic Awarenessのメッセージを引用された部分は、的確に急所を捉えられていると思いました。

 

――もし人が、自分は創造者で、確信や思いや行動を通じて自分の周囲の現実を定義しているという真実を、心に抱くことができなければ、向こう数千年にわたって進化のプロセスを続けることになるでしょう。そして、アセンションの認識と意識に最終的に到達するまでは、ネガティブな要素を人生の支配的な力として持ち続けるでしょう。

 

私(Cosmic Awareness)は、意識は内面からやって来て、それを外に表現しているという基本認識に立ってワークを続けることが、この上なく重要だということを強調します。これと正反対の認識は、現実を定義するのは人の本質の外に見えるものだけで、外に現れたものこそ真実で、内面は単に堕落状態が引き起こす幻想だというものです。

この参照点が、いま進行中の進化過程が最終的に「転換点」に達するかどうかを分けることになるでしょう。

 

(Q) 小松さま

おはようございます。

 

「身軽さがアセンションに近づく」という意味はそういうことだったのですね!

確かに「思いのまま行動実践できる⇒結果がでる」今の状況は好環境です。

ありがとうございます。

 

多くの方が「あなたの成果」を参考にして、自分なりのバージョンを生み出していくことが出来ると思います。

この言葉、見守るお役目の中で大切にしていきます。

 

【関連】

固定観念を捨てたら全てが好転して今の私が

冬至に何が起こり「アセンション」はどうなっているか

 

[このページのトップへ戻る]
[Q&A目次]

[Q&A目次(ケータイ専用)]
[ホーム

Copyright© 2016 Eisei KOMATSU