Q&A’15t4・「ガイア・アセンション」シリーズ

【目次】

(15/09.24) 私の声はきこえていますか?―ガイア(テラ)

 


(15/09.24)
私の声はきこえていますか?―ガイア(テラ)

(Q) 小松様

お世話になっております。

テラの声を届けていただきましたので、ご報告いたします。

 

「わたしの声はきこえていますか?」 テラからのメッセージ

         ⇒http://finale11.blog.fc2.com/blog-entry-45.html

 

 小松様のサイトより、時代の分水嶺地球の魂が語る これからの地球」と、

ガイアからのメッセージ」@〜Cをリンクにてご紹介させていただきました。

いつもありがとうございます。 

 

(A) 拝見しました。

ありがとうございます。

今回のメッセージでは、特に次が印象的でした。

 

――私の浄化が激しくなりますと
地球上に暮らす人類はじめ 小動物 生態系等にも
多くの影響が及ぶことになるでしょう

しかしながら それはまた
新たなテラへの旅立ちともなるのです

私は 今 新生テラへ移行いたしませんと
もっと多大な影響を及ぼしてしまいます
そのことの方が もっと迷惑をかけてしまいます

 

これはガイア(テラ)の苦渋の吐露でしょう。

現に進行している宇宙的プロセスを前進させて地球の新時代を実現するには、地上世界での物理的激動を避けることはできない。

必要とされる浄化によって人類や地上で生きる「いのちたち」に多大な苦難を強いることになるとしても、手を緩めることはできない、ということでしょう。

 

しかしそれは、本(もと)をただせば人類が生み出したもので、今からでも人間の想いが持つ力の大きさに気づいて、人々がそれを変えていけば、状況を変えることができると言っています。

 

――自然現象である天候に対する愚痴
人間間のせめぎ合い おごり 悪の想念 
それらは 黒いすす≠ニなって 私をおおい
想念界を曇りで満たし
振り払わねばならない
それが 台風や暴風雨 天候不順につながっていきます

人間の想念がいかに大切であるか
どうか気付いていただけます様に

 

それにしても人類は大勢として、この十数年間に少しも前進していないことを改めて認識させられます。

次のメッセージは2001年のものです。(地球の魂が語る―これからの地球

 

――人類は、足元の大きい変化にもかかわらず、深い眠りに就いています。恐れをベースとする活発な活動は見られますが、それは夢想や幻覚の世界に浮遊しているようなもので、事実上は眠っています。その結果、今がアセンションの時期であることにも気づかないのです。

 

この状態は、人類の本来の姿ではなく、地球に人類を創造した当初の青写真とは異なります。人類は、地球に誕生してから数万年経た後に、相次いだ不幸な出来事によって、意識レベルの下降と共に肉体の基本振動数が低落してきたのです。そして人類の行動は、意識の相次ぐ低落によって、ますます不調和で分裂的になってきました。

 

――現在の人類社会の集合的な運営様式には、老化、衰弱、病気、障害、死などの集合的な観念がベースにあります。この観念を集合的に宇宙に放ち、老化、病気、死などを現実世界へ送り返してもらっています。これを、人類の「集合的無意識」がやっているのです。信じたことが現実化するのが宇宙の摂理です。

 

それに替わるメッセージとして、「アセンションを意図します」と意識的に宇宙へ送ることを勧めます。この選択によって、意識が統合に向かうだけでなく、高い波動を保持できる肉体に少しずつ変容していきます。統合ベースの肉体は、老、病、戦、死、苦、蓄、貧などのシンボルと無縁になるでしょう。

 

――いま私は、激しく動いています。地球のバランスを回復するための、浄化活動のさなかにいます。自分自身を刷新し、あるべき本来の姿を取り戻すために働いています。出産を控えて陣痛が始まっているような感じと言えばいいでしょうか。

 

――あなたの現実は、あなたの思いが創るでしょう。思念の力は、地球変動に備えて物理的にどうこうするより何千倍も強いので、それがあなたの落ち着きどころを決めてしまうのです。自分で気づいていない思念が、思わぬ結果をもたらすこともあります。したがって、自分の思いを知り、思考を完璧にコントロールする境地を目指すべきです。

 

次は2011年のものです。(ガイアからのメッセージ@

 

――そしてそうした不調和なイメージと不協和な音は、ここ地球に存在するアンバランスのために速度を増しています。その不調和は、言ってみれば人間の考えのなさから生じているのです。ご存知のように、いつもそんなふうだったわけではありません。人類は、かつては自分たちが住む場所を大事に世話する義務があると感じていました。それは自然な感覚だったのです。あなた方は、いつも自分たちの母親の世話をしていました。地球は、ある意味で、あなた方の母親です。あなた方はここ地球に住み、言ってみれば彼女の胎内で生まれました。彼女はあなた方を(はぐく)んできましたし、今もそうしています。

 

しかし大切なことは、外の世界を見て嘆く前に、まずは自分の内部に「地上天国」を創ることが先決だということでしょう。

今回のクシナダ神のメッセージもそれに触れられています。

 

――理解する人達が身の廻りにおらずとも
まず おのれ自身から
日々の生活の中に活かしていただきたいという願いがあるのです

 

また、例えば次のメッセージもありました。(アセンションを見失った光の戦士たち―モーセ

 

――ここで私が指摘したいのは、多くのアセンションしたマスターたちや大天使たちが既に指摘しているように、天へのアセンションは、皆さんが神聖な自己の内部に分け入ることによって実現するということです。

その他のアセンションはありません。

 

(Q) 小松様

お忙しい中、いつもありがとうございます。

テラ(ガイア)からのメッセージにありますように、ここの所、自然現象のみならず、社会的にも、人間一人ひとりにとりましても、"浄化が本格化" してきているように感じております。

 

もう随分前から、本当に忍耐強くメッセージをおくり続けてくださっているテラ(ガイア)、光の存在の皆様、神々様に、今、改めて感謝をさせていただきながら、「天へのアセンション」という希望を胸に、地道に、"自分の内部に「地上天国」を創ること"に専心して参りたいと思っております。

 

そして、以前のメッセージ「主神への信頼と愛と共に今を生きる」 ⇒http://finale11.blog.fc2.com/blog-entry-24.html では、

 

  太陽の光は ますます天高く光り輝き
  粒子は ますます微細になり
  人間の体・心・魂を透過 変化をもたらすであろう
  それによる 何らかの障害も表われてこよう

 

との主神―主の大神さまのお言葉がございましたが、「体の変化」については、「地球の魂が語る これからの地球」にあります、次のガイアのメッセージが印象的です。

 

生物学的変容のプロセスは、大まかに次のように進みます。アセンションを意図すると、そのエネルギーが起こす音色が、各細胞の分子を刺激して活性化させます。それが、休眠遺伝子のDNAを活性化させ、各細胞の動きが加速し、からだ全体が高いレベルで振動するようになります。この状態で呼吸と共に光を吸収すると、各細胞は老化の原因になる毒や汚染物質を排出するようになります。

 

そして、細胞がそれ自体に新しい遺伝コードを与え、細胞構造が「結晶化」していきます。例えば、それぞれの遺伝コードが異なるのに芋虫が蝶に変態できるのは、羽化に備えて休眠遺伝子が活性化し、細胞がそれ自体に新しい遺伝コードを与えるためです。これを、「意識が与える」または「宇宙が与える」と考えても同じことです。

 

この、アセンションに伴う肉体の生物学的構造変化は、少しずつ起こります。高い波動を支えることができる結晶化した細胞構造では、個体においてそれぞれの細胞が、他のすべての細胞と調和的に存在します。

 

"人間の進化〜完成〜新しく生きるもの" へと、いざなってくださる高い波動の"神の光"をしっかりと受けとらせていただけるよう、言霊(ことたま)、想念、行い…食べものなど、体の事に関しましても、ミトコンドリアを最大限に生かせるように、より一層、気を配り、実践して参りたいと思っております。

 

〜心より感謝を込めて〜

 

【関連】

新生地球の陣痛が始まる―サナンダ

穏やかな変容―観音

セルフヒーリングの薦めQ&Aハイライト)

 

[このページのトップへ戻る]
[Q&A目次]

[Q&A目次(ケータイ専用)]
[ホーム

Copyright© 2015 Eisei KOMATSU